FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

私の考えるロック・バンドの歴史とその背景②

①からの続きです。

60年代にそのスタイルを確立してきた、数々のロックバンド。彼らに共通していたのは自分たちのバンドの音にアイデンティティーを持たせていたと書きました。その結果がハード・ロックやサザン・ロックやプログレッシブ・ロックそしてビート・ロックの流れを引き継ぎ続けたストーンズなど・・・独自のサウンドで勝負していました。その結果がもはやロックバンドのスタイルがジャンル分けされる事を引き起こします。悲劇的な感じもまぬがれませんね。

リスナー側にもその影響が顕著に現れてしまいます。プログレに至ってはLPの片面で1曲なんて云う世界観で、難解な曲を好むリスナーはそれ以外のスタイルを否定し始めます。パープルかツェッペリンっかなんて論争はよく聞いた話題でした。イギリス人のクラプトンがアメリカ人のデュアン・オールマンの持つアメリカンなブルース・フィールに劣等感を持っていたのも事実でした。

まだ日本にも入ってくる情報は今の時代の比ではなくて、ブリジストン系会社の御曹司のドクター・シーゲル事、成毛滋さんがイギリスへ行って見聞きしてきた情報が、噂となって拡散していました。「ベックはピッキングの際にピックガードに手は触れない・・・」なんて話は小学生の私にも入って来た情報です。

70年代に入ると60年代に創刊された「ミュージック・ライフ」を筆頭に、数々の音楽雑誌が創刊を始めます。「ミュージック・ライフ」はなんと!編集長女性の星加ルミ子さんでした。ビートルズとの距離の近い事で有名でしたね。私も読んではいました。その結果、70年代は女性のロックへの参戦が始まります。当初は主にリスナーとしてです。

男の音楽の象徴だったロックを女性が聴く事になるわけです。その弊害を一番受けてしまうのが、70年代デビューのロックバンドでした。女性にはキング・クリムゾンやELPの「タルカス」は聴く音ではないと思います。そこで売れれば勝ち的なバンドがデビューしてしまいます。筆頭はベイ・シティ・ローラーズです。

イギリスのバンドは特に女性をターゲットにコスチュームや、ルックスで売り出すバンドが特に多かったと思います。スゥイート・ジグソーなんかも、もはやロックバンドとは言えないバンドでした。あのクイーンですら日本でしか売れない、女性人気のバンドでしたから・・・ボヘミアン・ラプソディーがフレディー・マーキュリーの死後再認識されて過大評価されてしまいます。確かにギターのサウンドは素晴らしいバンドではありましたが。その傾向はエアロスミスも当てはまる事例です。ミュージック・ライフ誌の功罪は、この二つのバンドに対して過大な評価を与えた事だと思います。

個人的にはレッドツェッペリンのジョン・ボーナムの死が、大きくロックの流れを変えます。それとクラプトンのドラッグの療養期間も関係あるはずです。レッドツェッペリンの解散がUKロックの一旦停止を確定させたと私は思います。孤高のギタリストであったジェフベックは、もはやBBAの時期からロックには見切りを付けています。新しい音を求めてマックス・ミドルトンらとのセッションに明け暮れてしまいます。

既に70年代に入ると新たにデビューしようとする、ロックバンドはジャンルの隙間を埋める方法しか選択肢が残されていませんでした。ギリギリ60年代デビュー組のドゥービー・ブラザーズをプロデュースしたテッド・テンプルマンの手腕は、70年代に開花します。彼の作り上げた「ウエスト・コースト・ロック」です。それが先々のLA のロックを押し上げるヴァン・ヘイレンの衝撃デビューに直結するのです。

悲劇的な70年代のロックバンドとは、こうした背景があったからだと思います。70年デビュー組で成功を収めたロックバンドとはLAで活動していたバンドばかりなのです。今回はジミヘンとジャニスの死は背景として影響は確かにありましたが、ロックバンドと私個人は認識していませんので。続きはパート③で書きます。

  1. 2018/07/11(水) 13:01:51|
  2. 音楽の話
  3. | コメント:2

私の考えるロック・バンドの歴史とその背景①

ずっと書きたかった事を今回は文章だけで記事にしようかと思います。記事に関しては私の記憶だけを頼りに、一切の調べごとはしません。その事はこのブログのポリシーとして最初から一貫していましたから。なので・・・年代・ミュージシャン・曲名・その他の事に間違えるかも知れませんが、ご理解下さい。私が感じるロックとはどういうモノなのかを、書きたいのです。

ロックの歴史はどうなのかが問題ではなく。その時の時代背景や他のジャンルとの比較。色々書きたいので何回かにわけないと、書き切れません。今回はパート①として書きたいかと思います。年代が前後してしまう事も多々ありますが、その点もご理解下さい。

確かにロックンロールが出始めたのはチャック・ベリーやファッツ・ドミノ辺りかなと思います。50年代から60年代初頭にかけての時代です。その時期ロックバンドと呼べる形態はなかったと思います。アメリカではウッドストックを境に大きくロックの流れが変化しました。UKのワイト島フェスティバルも確かに大きく影響してはいました。ウッドストックで有名なシミヘンが演奏した「星条旗よ永遠なれ」は、私個人の意見では反米意識を表源したアンチテーゼだと思います。

ただそれ以前に確実にロックバンドは存在していました。私の知る限りアニマルズ・ビートルズなども当初はロックを演奏するバンドだと言っていいと思います。それ以外ではヤードバーズとかブルースブレイカーズ・・・アメリカではデッドやシェファソーンエアプレインとかステッペンウルフそして少しポップ寄りのCCRなんかもいました。この辺りがロックバンドの流れを確立したと思います。当時はやはりアメリカではヒッピー文化やドラッグ・カルチャーが主流だったと思います。

私の個人的な主観ですが、ビートルズはもはやロックバンドではなくなっていました。そのビートルズに本気で対抗しようとした、ビーチーボーイズのブライアン・ウイルソンはその意識が高すぎて、名作「ペット・サウンズ」で完全に燃え尽きてしまいました。ビートルズが仮に存在しなかったら・・・レノン・マッカートニーが存在しなかったらブライアンはもっと評価が高かったはずですね。

話をロックバンドに戻します。60年代デビュー組がロックの歴史を作ったと考えて良いと思います。私達がビッグネームとして認識しているロックバンドは、その殆どが60年代にデビューをしているのは事実なのです。しかもロックバンドは英語圏だけの音楽でした。日本でも他の国でもそこまでのバンドはいなかったのも、事実として認識するしかないです。山内テツが海外のバンドでプレイしただけでも、大事件でしたから。

ストーンズ・クリーム・ツェッペリン・パープル・オールマン・トラフィック・ドアーズ・キンクス・イエス・フー・ジェネシス・クリムゾン・ピンクフロイド・・・思いつくだけでも、これだけのロックバンドがデビューをしました。正に歴史を作ってきたバンドです。

今の時代と圧倒的な差が感じられますよね。何が違うのか?バンドの音の全てが他のバンドと一線を画する音だった事です。どのバンドも音を聴くだけで、それと分かるサウンドでした。レコーディングですら8トラの時代です。もしかしたら4トラだったかも知れません。その中で生き残って来たバンドはアイデンティティーを持続して来たのです。

もう一つの違いは女性ミュージシャンのいるバンドは存在しなかった事です。ロックは男の音楽だと考えられていました。モチロン例外としてエアプレインには女性もいましたがご夫婦が中心となって結成されたバンドですから・・・。

女性は比較的ロックを本気で聞かなかった時代だったと思います。やはりウッドストック以降に女性もロックを聴く事になったのかなと、勝手な意見ですが私は思います。なのでスージー・クアトロがベースを弾きながらシャウトしていた「Can the can」は、70年代に入ってはいましたが衝撃的でした。そこを境に女性のロックを聴く層が確実に増えてきたはずです。

ただ時代が70年代に移行してから、70年代デビュー組のロックバンドに悲劇が待ち受けている事は誰にもわからなかったはずです。その話はパート②で書きます。

  1. 2018/07/10(火) 06:55:03|
  2. 音楽の話
  3. | コメント:4

音楽好きに悪い人はいない

2018 07 07_0017-1①_1

私のブログでは珍しく若者の登場です。ご覧の通り3人組の彼らは「マキシマム・ザ・ホルモン」のお揃いのTシャツでキメキメですね。彼・彼女たちとは全くの知り合いではなくて初対面です。私のおバカさから勇気をだして、声をかけました。

追記 3人の若者達にモザイク処理する事で了解は取って画像はアップしました。モザなしでご覧いただけ無いのが残念なくらいの美男・美女です。

私のお馬鹿な行動とは、最近開けたピアスが理由ですね。開けたばかりなので、右耳側に違和感がたまに出て、ゴミでもついてるのかと思い、何度か思いっきり引っ張っていたんですが・・・。この直前にもそれをしてしまいました(反省してます)。そしてその後激痛が右側に来てしまいました。右の側のピアスを固定しているネジは、初心者さんの私ですから、自分で締められません。

そこで近くの誰かに助けを求める事に・・・いい大人の行動では無いですが、痛みを何とかしたくて彼らに助けを求めました。結果は快く、そして本当に素敵な対応の出来る若者でした。いいオジサンの得体のしれない頼みを、気持ちよく聞き入れて頂いた事は、このブログで感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

私も昔から何人かの先輩のミュージシャンに言われて来た事があります。「音楽好きに悪い人はいない」です。その事はジャンルに関係なく、正論だと思います。確かに100%では無いですが・・・。でも私の知り合ってきたミュージシャンの90%は確実に良い人に出会ってきました。

音楽を好きな時点で、それはプロ・アマ・リスナー・製作者のみんなが共通の志を持っているからだと思います。決して音楽は趣味で聴けるものは無いのです。皆が聴き込んで、そして曲・アーティスト等のバックグラウンドまで理解しているはずです。それが音楽を聴く楽しさだったり、のめり込むキッカケに無意識になっているはずです。

最近は特に若い世代と会話はほとんどしていませんでした。こんなにも最近の若者達が素敵な世代だとは、正直思ってはいませんでした。そしてこの彼らとは少しだけの会話でしたが、とても良い関係に思えました。これからも仲良くしていって欲しいですね。

タイトルの音楽好きに悪い人はいない・・・私は該当しないかもです(笑)。

  1. 2018/07/09(月) 01:52:37|
  2. 音楽の話
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR