FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

バンド・アンサンブルはリズムで決まる

バンドのアンサンブルの中でリズムがどれだけ重要か分かる例を、石川ひとみさんの動画で解説したいと思います。まずは二つの動画を聴き比べて下さい。





テンポは違いますが、8ビートの連続する曲です。一曲目はリズムのノリが安定していると思います。二曲目ですがそれほど乱れたリズムではないとは思いますが・・・少しだけノリの悪いアンサンブルに聴こえないでしょうか?録音状態は一曲目の方が悪いですが、バンドのノリは二曲目を遥かに上回って聴こえます。

このリズムの少しの違いが実はバンドのノリを決定しているのです。一曲目のドラマーは後のパール兄弟に加入する松永くんです。二曲目のドラマーは当時はまだ私より若く仕事経験の浅いドラマーでした。他のメンバーは私も含め全員同じです。

ベーシストは松永くんとは大学の軽音からの付き合いで、ひとみさんのバンドでも初期の頃から一緒に演奏していました。息はピッタリに聴こえるはずです。二曲目でベースとドラムの噛み合わないのが分かりますから、良く聴いてみて下さい。ベースが何とかリズムをキープしようとしますが、少しだけドラムが遅れます。この手の8ビートはジャストより少し突っ込んだ感じがベストだと思います。走るのではなくて前に流れる8ビートです。縦ノリともちがいます。

それを分かっていた私も何とかギターのアルペジオでリズムを引っ張ろうとしています。二曲目で一番正確なリズムキープは自慢でも何でもなくギターです。シンセの二人も頑張ってキープする方向にリズムを出しますが、延々とキープできるフレーズが出て来ないので仕方がないです。出て来るリズムに乗るしかないのです。ベースとギターは確実に前に向かう8ビートをキープしようとしています。特にベースは相当頑張って何とかしようとしていますね。

一曲目の破綻しないリズムはドラマーの力量だけではないのです・・・他のメンバーも同じ方向でキープしているのです。二曲目は他のメンバーがキープしたい方向にドラムが付いて来ないのです。

分かって欲しいのは変な意味で比較したのではなくて、バンドのアンサンブル・リズム・ノリは一人メンバーが違うと大きく変化すると感じて下さい。それほどリズムはシビアな感覚が必要です。残念な事に二曲目は最後まで揃わない8ビートで曲が進んでしまいます。練習不足ももちろんあったとは思います。ただ今迄ドラマーが作り上げたバンドのノリに、いきなり別のメンバーが入るとバンドの音がここまで違ってしますのです。

研究して話し合って曲のノリを理解して、アンサンブルは成立する例としてこの二曲を聴き比べて欲しいです。

余談ですがこの時期のひとみさん今聴いても、歌唱力は凄いですね。リズムも良いし音程も良いし。
何より音を楽しんで歌っているのが良く分かります。
  1. 2017/10/26(木) 20:13:33|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

驚くほど懐かしい動画 ・続々編

石川ひとみさんのライブ3連発で申し訳ないです。今回は1曲だけです。ツインギターのバランスが良いので書きます。24才の夏の演奏です。

イントロからいきなりのカッティングが私です。メインでずっとカッティングを担当しています。やっぱりカッティングのキレとかノリとかパーンを聴いて欲しいですね。ギターのカッティングがリズムを引っ張るいい例かも知れませんね。自分で言うのもなんですが。後はアルペジオのタイミング・スライドさせたカッティングがどんな感じなのか聴いて欲しいです。

当時の私はこんな感じでバッキングのパターンを自分で作っていました。それは自分が弾きたいギターが曲の流れとか雰囲気とか、一番は歌にどうしたら合うのか考えていました。今回は良い感じのカッティングが弾けていると思います。

一番書きたかったのは前の記事で書いた白のストラト音が凄く良く分かるからです。私自身は映像には出て来ませんが使ったギターは100%白のストラトです。音で分かりますね。キンキンせずそしてこもらず、抜けが良くて各弦の分離が良い音でした。EMGらしい音ですが、アクティブ臭さは感じないと思います。とにかく普通のストラトでは出ない音で弾いています。

もう一人のギタリスト山田直毅さんも御自身のオリジナルのストラト(ワインレッド)で弾いていますが、ピックアップはシェクターでした。同じストラトでも違う音です。その辺を気にして聴いてみて下さい。私の出していた音はほとんどこの音でしたから。二人共アンプはJC120 を2台使ってステレオで鳴らしています。

イントロのフレーズはツインのハモリです。キレイにフレーズを揃えられています。リズムのノリも息が合っていますね。フレージングを合わせるのは難しいですが、うまく合っていると思います。歌中のオブリガードとソロも彼が弾いています。ソロ終わりが最後またハモリです。彼が少しだけ出遅れますがソロの後ですから仕方ないですね。その後は完璧に合わせて来ましたから、やっぱり上手かったですよね。

とにかくほぼ全編カッティングを自由に弾いているのが私です。歌伴のカッティングがどんなパターンでそして、フレーズ・ノリ・音をどうすれば良いのか参考になればと思います。昔の時代の音色ですが、リズムの基本は変わらないはずです。曲に合わせて歌の邪魔をしないで他とのバランスに最大の注意をしていました。アンサンブルの中でリズムの刻みをどうすれば良いのか、分かりやすい音が聴けると思います。自慢のストラトの音も良いので聴いてみて下さい。

ギタリストが最大限リズムを意識して曲にマッチさせてバッキングのパーターンを作るのは、ハマれば楽しい作業です。それはレコーディングもライブも同じです。緊張感はスタジオが圧倒的にありますが、ライブはリハから音を作り込んでそれを人前で音を聴かせますから全然別の緊張感です。短いですがエンディングのアルペジオのパターンから終わりのブレイクのコードの構成音とパターンは結構考えて作りましたね。

上手いヴォーカリストの後ろで数々演奏してきました・・・ひとみさんはその中でもかなり歌は上手かったと思います。コーラス抜きで一人で歌い切ってこれだけ聞かせるのですから。演奏する側も歌が上手いと気持ちは良いものですから。

  1. 2017/10/19(木) 22:04:47|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

驚くほど懐かしい動画 ・続編

今回は前回の記事の続編です。連続で申し訳ないとは思いますが、バンドとしての勢いとかグルーブが良いので書く事にします。若い年代のミュージシャンの参考になれば幸いです。バンドって一つになると演奏に一体感が生まれます。それを感じてもらいたいです。

2曲連続で入っていますが、音声のみで動画ではありません。このバンドは少し特殊な編成で、基本はドラム・ベース・キーボードなのですが曲によってアレンジャー兼バンドリーダーの山田直毅さんが、キーボードを弾いたりギターを弾いたりしています。私より年は一つか二つ上です。画面左でキーボードを弾いているのが直毅さんです。

山田直毅さんですが、石川ひとみさんとこの後ご結婚して今も幸せにしていると聞いています。彼はキャンディーズのバックバンドMMPでギターを弾いていました。西慎二さんとツインでやっていたギタリストです。MMP解散後はひとみさんのアレンジやバンドをずっと面倒見てきた人です。ギターはとんでもなく上手いですね。特に凄いのはリズムの良さです。彼と一緒にやって私は本当に勉強になりました。今では感謝しています。

この動画の一曲目、二曲目とも私とツインギターで弾いています。まず一曲目ですがミュートしたバッキングパターンは直毅さんが弾いています。やはりノリの良いギターを弾いていますね。硬めの音でモジュレーションの掛かったギターが私です。モジュレーションはデジタル・ディレイで掛けていますね。当時はそれが流行りでしたから。

お互い息が合っていてツインギターのバランスの良い演奏だと思います。二曲目もモジュレーションを掛けたアルペジオを弾いているのが私です。速いテンポの曲でしたから、アルペジオを弾くのは大変でした。両方共、後半に短いギターソロがありますが、両方共私が弾いています。短いしその場の勢いのアドリブですが意外と良いソロ弾いていますね、自分でも驚きました。リハの段階から打ち合わせて、どちらがどんなパターンで弾くかはアレンジャーである直毅さんが決めていました。彼はアレンジャーとしてのセンスも良かったですからね。

 最近よ~く聴いてみたらギターの受け持ちのパートが逆ではないかと思います。お互い似ている音で弾いていますが、一曲目のミュートのパターンが私でソロが直毅さんかなと思えて仕方ないです。フレーズが違うのです。だとしたらノリの良いミュート弾きが私という事になります。そんなに上手かったかな?と思います。恐らく上記の反対を受け持っていたと思います。(2017/10/26)

今聴くと自分でもよくこれほど勢いのある曲が弾けたもんだと驚いています。若い時の気合みたいな物があったのだと思います。今はこんなギターは弾けないと思います。若さには勝てないですね。ましてルイードでひとみさんのライブは意外だったので、メンバーも気合が入っていました。

ギターの音が聴きやすいので参考にして頂けると嬉しいです。プロのバンドはこの程度の曲はリズムのズレは無いのが当たり前です。そして何よりバンド全体のグルーブを意識して演奏するのも当然です。自分本位の演奏では駄目です。他のメンバーの音を良く聴いて演奏しないとプロのバンドでは通用しません。今回の演奏はその点で良い見本だと思います。

当然私達のバンドより上手いバンドは現実に沢山いました。しかしこの動画の演奏もライブならではの臨場感と勢いがあります。私が24才の若い時の演奏ですが、良い出来だと思っています。


ついでですがテレビに出た時の動画もアップします。完璧にアテレコの演奏です。
一番右で白いストラトを弾いているのが私です。前に記事にした白のストラトを弾いている動画がこれしかなかったのでついでに書きました。派手なストラトですが、音は抜群に良かったですね。

ひとみさんの歌も上手いです。だから演奏していても楽しかったのかも知れませんね。
百恵さんのバンドは勝手な演奏はNGでした。決められた譜面の演奏を要求されましたが、このバンドは皆で直毅さんを中心にして話し合いをして好きな演奏が出来たのが一番の思い出かも知れません。



調子に乗ってもう一曲。この曲は大貫妙子さんの有名な曲のカバーです。レコーディングのアレンジが坂本龍一さんでギターは大村憲司さんでした。私は大村憲司さんの弾いていたフレーズに時折自分のフレーズを交えて弾きました。結構楽しい作業でしたね。この曲は動画を見るとかなりの余裕で弾いていますね。ドラマーをチラチラ見てスネアのタイミングなんかを確認していました。
前半では私のコードワークが良く分かると思います。ミュートの8ビートの刻みと、アルペジオを組み合わせて弾きました。何とも余裕のある表情で弾いてはいますが、ライブではやはり音には集中していました。こんな感じのギターも弾いていたのかと、あらためて懐かしく思います。

  1. 2017/10/16(月) 19:40:53|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

驚くほど懐かしい動画

昨晩、偶然に何とも懐かしい動画を見つけました。少し感動ですね。画面右手でギターを弾いているのが若かった時の私です。確か22才後半頃だったと思います。35年以上前ですね。動画を見てビックリでしたね。さすがに若い時の自分の姿を見るのは恥ずかしさもあり嬉しさもあります。

随分前の記事で書いた黒のテレキャスターを弾いています。私の後ろに見えるラックマウントのエフェクターも懐かしいです。

コードを押さえている指も若かったから細いですね。でも良い押さえ方していますね。自分なりにコードは当たり前の押さえ方はしないで、ヴォイシングは研究していたので今自分で動画を見ても何のコードを弾いているか分からない押さえ方です。ただ着ている服には全く記憶がありません。へんてこなTシャツ着てますね(笑)。

こういった場所での演奏はあまり経験がなかったので、このライブは良く覚えています。場所が場所だけに、楽器の搬入を早くしなくてはならなくて早朝に行った記憶があります。搬入も撤収も大変だった事は鮮明に覚えています。

今聴いてもバンドの音も悪くは無いですね・キチンとグルーブしていますしアレンジも悪くないですね。ギターの音が小さいですが、よく聴くと弾いていた本人には当時はこんな音で弾いていたなと思います。

他のバンドメンバーは長くやっていたのですが、確か私が加入してすぐの頃の演奏だと記憶しています。このバンドに私が加入したきっかけは、ドラムとベースの方と伊藤つかささんのライブツアーで初めてお会いしたのが理由でしたね。

メンバーの中では私が一番年下のバンドでしたが、プロとしてのキャリアは私が一番長かったので不思議な関係でした。ひとみさんですら、私より一つ年上でしたから。この時のメンバーとは本当に気が合って仲が良かったですから、プライベートでも一緒に遊んだりしていました。本当に懐かしいです。ライブの休憩時間には皆で買い物をしました。

ドラマーとベースは成城の軽音出身でした。私より二つ年上でしたね。当時の成城の軽音からは私の知り会いだった方だけでも、ミュージシャンやソロ・デビューした歌手の方まで沢山いました。ドラマーは後のパール兄弟のドラマーです。やっぱり良いドラム叩いていますね。このメンバーでひとみさんのライブはその後何年か続けていました。





前の動画の2年後位のライブの動画です。私の髪も伸びています。この後肩までのロングヘアーにまで伸ばしたのです。ストラトのハーフトーン丸出しの音で弾いていますね。ギターはMoonのストラトを白いピックアップ(メーカーは忘れました)に交換したギターだと思います。あまり使っていなかったギターです。

この手の歌を聴かせる時のバッキングのアルペジオは絶対に歌の邪魔になる音やフレーズは厳禁です。そこら辺はさすがに私も24才ですから、それまでの経験もあって上手く弾けていると思います。

この時点でリハ・本番合わせて”まちぶせ”は200回から300回以上弾いていたはずです。他のメンバーは譜面は見ていませんが、これだけ弾いて来たにも関わらず譜面がないと弾けませんでした。私の譜面がないと弾けない癖は最後まで続いたのです(笑)。

  1. 2017/10/14(土) 04:29:39|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミュージシャン時代のスケジュール管理

今の時代のミュージシャン達はどんなスケジュール管理をしているのか、古い時代の私には全く分かりません。
今回は私が70年代から80年代終わりまで、どんな感じで自分のスケジュールを管理していたのか書くこ事にします。私の知り合いのミュージシャン達も殆ど似た感じでスケジュールを管理をしていたので、参考になるかと思います。

まずお断りしておきますが、私は決してスタジオミュージシャンではありませんでした・・・確かにスタジオでのレコーディングは数々こなしていましたが、基本はライブや放送関係の仕事が90%でした。
売れているスタジオミュージシャンの方はとてつもないスケジュールをこなしていたので、とても自分では管理が出来ません。ですから殆どが音楽事務所に籍を置いて、事務所が全てのスケジュールを管理していました。
松原正樹さんなんかは、スタジオで1日5本とか6本の仕事をこなしていたので、とてもではありませんがご自身での管理が不可能なのは当然ですよね。

では・・・私レベルの二流ミュージシャンはどんな感じだったのか書く事にします。
私がプロになった頃は携帯はおろか、留守番電話もない時代でした。自宅の固定電話が大切なアイテムでした。。。
子機もない時代の電話なので、電話が鳴ると何時だろうと常に速攻で取っていました。

演奏の依頼は殆どが電話でした。電話の横にはカレンダーは絶対に置いておかなくてはなりませんでした。後はメモ帳とペンです。今の時代では考えられない事ですが、仕事を確保するのですからその程度の準備はしていました。

では電話の相手は誰か?・・・私の場合は当時ミュージシャン専門にタレントさんや番組関係の仕事を確保する、通称インペク屋さんでした。今で云うところの人材派遣会社の様な感じです。
私が懇意にさせてお世話になったインペク屋さんは4社くらいでしたね。単発の仕事もあればオーデションの紹介があったり、オーデションなしでツアーの仕事などを紹介をして頂きました。
インペク屋さんは私の経歴や今迄の実績を知ってくれているので、私が出来ると思われる仕事を理解していてくれているので、助かりました。

他にはやはりミュージシャンの方からの電話です。ギターの方もいれば、他の楽器の方からも随分仕事の依頼がありました。アレンジャーさんからも少ないですがありました。アレンジャーさんの場合はCMの録音や劇伴の録音がほとんどでした。

インペク屋さん・ミュージシャンの方に関わらずまず聞かれるのは、何月何日は空いてますか・・・から始まります。
カレンダーをみて答えるのですが、駆け出しの時期はほとんどが空いていましたが、多少仕事が増えるようになってからはお断りするすることもありました。
体は一つなので、中々掛け持ちは厳しかったですから・・・。

スケージュールが空いていれば、次は誰の(歌手の方)仕事なのか、入り時間と音出し時間の説明があります。当然ライブなら何処に行くのかとか、何本のツアーなのかです。
単発なんかのライブも結構ありました。前乗りなのかとか、泊まりなのかとかです。後は飛行機の時間とか新幹線の時間です。

リハとか録音の仕事の場合はスタジオの名前を教えてくれます。
ギャラの話はその後になります。次にアコギを持ってきて欲しいとか楽器の事です。編成なんかもその時に説明を受けます。
私の場合殆どが初見の仕事が多かったですね・・・初見が効くと思われていたのかもしれませんが仕事ですから仕方がありませんでした。
ギャラに関しては自分で請求書を書かなくてはならないので、請求書は常に2冊位は持っていました。ギャラは振込もあれば、取っ払いと言って演奏後直ぐに支払われる事もありました・・・。

スケジュールも大体1月くらい前の確認が多かったですね。後は結構あったのが、前日の夜に明日空いてますかなんて電話は意外と多かったですね。勿論空いていれば断る理由はないし、私レベルが断れば次からは仕事は来なくなりますからね。
あとキツかったのは、当日の午前中に連絡がきて午後から空いてますか・・・なんてのもありました。午前中は殆ど寝ていましたから辛かったですね。その場合は殆どがスタジオの仕事でしたね。

一回だけあるギタリストが盲腸で深夜に病院に入ってしまい、その方の奥様から明日の仕事を主人の代わりにお願いできますかなんてのもありました。一大事でしたので私も快く受けました。

電話以外では現場で頼まれる事も結構ありました。インペク屋さんは一応現場に顔をだす方も結構いましたから。あとは現場でご一緒した方からなんかも、スケージュールを聞かれて仕事を受けたりしていました。

ラッキーな事に駆け出しの頃には埋まらなかったスケジュールも年月を重ねて、少しずつですが埋まるようになりました・・・幸運な事です。
ただ最後まで1月全部埋まった事は一度もありませんでしたね。月に3日休みだったのが一回あっただけです。

今迄書いた通りですね・・・スケジュールは全て自分で管理してしていました。思った以上に大変な事だった記憶があります。
あくまでも私の経験ですが、多かれ少なからず他の方も似たような感じだったと思います。

昔の話ですので・・・今の時代はどんな感じだったのかなと思ってしまいますね。メールもあるし・・・。便利な時代のミュージシャンが羨ましく思えます。

ついでですが動画もアップします・・・恐らく私が放送関係の仕事をした最後くらいの動画です。
向かって右手でオベーションを弾いているのが22か23才位の私です。
よく聴いて頂くとアコギのアルペジオが聴こえます・・・今ではこんなには弾けないと思います。今聴くとアルペジオのリズムが正確で自分でも驚きました。。。

  1. 2017/06/09(金) 20:43:22|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR