FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

エリクサーの話し。

現役時代に使っていた弦については前に書いたので、今使っている弦について書く事にします。

現役当時一番お気に入りだった弦は“ディーン・マークレー”だった事は前に書きました。
今一番気に入っている・・・と言うかこれから先もずっと使って行くつもりの“エリクサー”について書く事にします。

私の現役当時は、コーティングされた弦なんてのは勿論存在しなくて弦は弾けば錆びるのが当たり前の時代でした。そんな中でもディーン・マークレーは錆びこそしましたが張りたての音の持続が一番良かったんですよね。

それから数十年を経て弦もかなり進化して、コーティング弦なる物が登場して来ました。
その先駆けがエリクサーだったと思います。

ギターを再開してやはり悩んだのは弦だったんですよね。取り敢えず“アーニー・ボール”と“GHS”は昔から好印象の無い弦だったので“ダダリオ”をチョイスしたんです。
ダダリオ自体カールトンが使っているらしかったので、無難かな?と思って使ったんですが楽器店の薦めもあってエリクサーを試してみました。(最初は値段が高いから薦められたと疑心暗鬼でした)

初期のエリクサーはコーティングの度合いが過度で、ヌメヌメ感があったらしいですが私が使い始めた頃はそんな事も無くいい感じのコーティングでした。

ダダリオを問わず数ある弦のメーカーはやはり弦の個体差と言うか当たり外れみたいなのがあって、特に巻き弦が暴れ気味で、酷い時はピッチすら合わせるのが困難な事が何度かありました。
昔もそれで随分悩まされました。ディーン・マークレーはほぼそう言った事はありませんでした。
エリクサーはコーティングされた分だと思いますが、巻き弦に関しては100%に近い位安定していると思います。

錆びない事がエリクサーの売り物みたいに思われがちですが・・・確かに錆びない事は事実です。
が、しかし私が一番エリクサーのメリットだと思っているのはコーティングされた故に巻き弦のタッチと言うか指の当たりが物凄くスムーズで、左手に全くストレスを感じない事なんですよね。

噂ではエリクサー自体はダダリオをコーティングした弦だとの事です。同じ工場で作られた弦を使っている・・・との事ですが真偽の程はわかりません。

張りたての音は確かに物足りないと言うか、張った瞬間からシットリした感触の音なんですよ。(この事がフラット弦を使わずにジャズトーンが出易いんですよね)
それが逆に今の私にはピッタリの感じでちょっと他の弦は使えない感じです。
0.11を使っていますが、単音にもカッティングにも丁度いい感じのテンション感で私の感想では他のメーカーの弦より多少緩く感じます。
テンション感に関しては個人差もあるでしょうが、私の場合セッティングは比較的ローアクションなので一概には言えないと思います。

エリクサーの音自体は多分ロック系の音には似合わないかもしれません。落ち着きのある音なのでドンシャリなサウンドには合わない弦だと思います。
ギブソン系と言うかハムバッキングとは相性のいい弦だと思います。フェンダー系のシングルコイルとはもしかしたら合わない感じの弦かもしれません。

クランチさせたりすると思いのほか上品過ぎる感じもするので好みの分かれるところだと思います。
ただデジタルディレイの返りの音は丁度いい具合のトーンなのが意外な発見でした。
ディレイの返りの音って結構サウンドに影響与えると思うんですよね。

確かにギュイ~~ンって感じの音のしない弦なのでちょっとサスティーン不足に感じる事は多々ありますが、良く考えてみればアコギにしてもフルアコにしても極端なサスティーンのする弦はあまり無いですよね。
0.09や0.10あたりの伸びのある音はチョット出し難い感じです。

逆にナチュラルトーンに関して言えばダダリオよりは遥かにいいと思います。
ピッキングに対しての反応も比較的素直に拾ってくれる弦だと思います。これって意外と気づかない点ですが、ピッキングに合う弦って結構限られちゃうんですよね。
使っているピックやタッチに合った弦ってギタリストそれぞれ絶対にある筈です。

錆びない事で弦交換をサボりがちですが、私の交換の目安は巻き弦の音で判断しています。
巻き弦がちょっとヘタッて来たら交換する事に決めています。
昔から低音弦のヘタッた音は苦手なんですよね。エリクサーの場合ヘタリが極端なのですぐに分かります。

弦だけは個人の好みが一番分かれるところだと思いますが、今のところ全てのギターにエリクサーの0.11を使っているので私の好みに一番合っているのかな?と感じています。
  1. 2009/03/26(木) 22:25:11|
  2. セッティング関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

弦高について

弦高はギタリストそれぞれ好みの調整している筈です。低目の好きな人もいれば高目の好きな人もいるはずで、そこがギタリストの個性にも繋がるんでしょうね。私は新しいギターを買うと真っ先に弦高調整をするのが習慣です。

私は一般的な弦高よりも低い方が好みです。ただ低目にセットするにはネックの状態が良くないと上手くセット出来ないので、ネックの良いギターを手にして来ました。

フェンダー系のアールのキツイ指盤は弦高の調整が厄介なのと、フェンダー系はスケールの関係からか特に2弦・3弦の2フレット付近の独特のビビリが苦手で(ある人に言わせるとそこがフェンダーの美味しい音との事)基本的にフェンダーのギターは苦手です。近年のフェンダーはフラットな指盤を採用しているようで、チョット気になっています。

低目にセットした弦高にフラットな指盤に高目のフレットであればまず私の好みに調整出来ます。今はレスポールしか持っていません。指盤のアールも殆ど気にならない程度ですから、弦高は弾き易い設定にしてあります。3本ありますが、その中でも最新のモデルはほぼフラットな指盤にフレットの処理も感触が良くて私好みです。ただ、カスタムショップ製のレスポールはリア・ピックアップのエスカッションの高さがかなり高くて、これ以上弦高を下げると弦のビビリより先にエスカッションに当たってしまいます。

弦高低目と云っても超極端な低目ではありません。やはりチョーキングをした時の感触で調整しています。基本的に15フレットのチョーキングの感触を重視して調整しています。あとはトーンです。これが一番重要な事で弦高によってトーンも変化します。弾き易さも勿論ですが、良いトーンが得られる弦高に調整しているつもりです。低過ぎればやはり腰の無い音になってしまいます。

昔使っていたカスタムメイドのストラトテレキャスそれにスタインバーガーの指盤のフラットさは本当にトーンと弾き易さのバランスが絶妙でした。その3本共がストップテールピースと違って弦のテンションを調整出来ませんでしたが、低目の設定でも充分にテンション感のいいギターでした。

ちなみにストップテールピースの場合でも、常に一番低く設定しているので私の場合弦高以外で弦のテンションはいじれないんですが。

肝心な調整ですが、私の一番の好みは1弦~6弦までどのフレットでも同じ弦高が理想なんですが、中々そういうギターにお目に掛かる機会がありませんでした。カスタムメイドのテレキャスは、ほぼそれに近かったです。

もう一つの理想は、弦に触った瞬間に音が出る感じと言うか(不思議な事にいいギターってこの感じがするんです)ストレス無く発音のいい音が出る感じです。上手く説明出来ませんがそんな感覚です。

最新のハイエンドモデルはそういうセッティングが出来る様なので興味があります。ポール・リード・スミスはちょっとだけ弾いてみましたが、楽器店にある状態では弦高が高過ぎましたがやはり最新のギターらしくちょっと調整すればかなりいい感じになると思います。

普通は1弦側が低く6弦側に行くに従って弦高を高くセッティングすると思うのですが、私の好みはその逆で6弦側の方を低くか殆ど同じにしてあります。ジャズ系のコードワークを弾く時に何故か弾き易いんですよね。普通のカッティングなんかも高音弦だけで弾く時にもピックの当たりがいい様な感じがして、昔からその弦高調整です。

弦高はそんな訳で色々な絡みがあって自分の好みに持って行くので、それぞれギタリストの数だけ好きな弦高があっていいと思います。実は最近楽器店で弾いたフルアコが完璧に調整されていたのか、95%私の理想に近い感触でした。自分のギターも充分に理想的だと思いますが、狙っているギターが又増えてしまいました。
  1. 2008/11/19(水) 23:21:57|
  2. セッティング関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ピックの話し

ピックの事を書きます。ピックが無いとギターが弾けない私です。ウェスやベックのようにピックを捨ててしまったギタリストも確かに指で素晴らしいプレイをしていますが、私は何度か指弾きに挑戦したんですが結局ピックを手放す事が出来ませんでした。

ウェス張りに弾くベンソンもやはり単音の時はピックを使っていますし、ベックはちょっと格です。チョット超越しちゃってますね。

ギターを弾き始めた頃から現役を辞めるまではピックの硬さは色々変化しましたが、一貫して使っていたのはティア・ドロップ型でした。ギターを弾き始めた頃はソフトとかミディアムで弾き易さ優先で選んでいましたが、上達するにつれてピッキングが強くなってハードタイプを使うようになりました。私は俗に言うおにぎり型のピックは何だかうちわを持っているようで、当時から馴染めませんでした。

フュージョン・ブームの頃、カールトンやリトナーがマンドリンタイプのかなり小さいピックで弾いていて私も暫く試したんですが、当時の私のピッキングスタイルにはイマイチでした合いませんでした。仕事ではカッティングからソロまでを一個のピックで弾ききる訳ですから、ハードのティアドロップ型が使い勝手の面で一番私に合っていました。

色々試した中から一番良かったピックはフェルナンデスから出ていたピックで他のメーカーのハードタイプより少し硬めで私にはぴったりでした。日本のロックバンドのあるギタリストのレプリカモデルだったと思いますが、どなたのモデルかは名前が思い出せません。使い始めたのは22~23歳くらいからで、100枚単位で買っていました。

本当はファンク系のカッティングにはレイ・パーカーが使っていたようなソフトからミディアムタイプのピックの方が向いているとは思うんですが、ソロを弾く時にとにかく頼りなくなってしまうのでハードで押し通していました。

アコギやエレキでやるアルペジオも全てピック弾きでこなしていました。(アコギの3フィンガーだけは例外です)中々器用だったと思います。ディレイなんかで広がりが作れる場合のアルペジオは低音弦をピックで高音弦を指で弾くと高音が強調されていい感じだったんですね。

そんな時期でも色々なピックは試してはいました。ブライアン・メイみたいにコインで弾くなんて人もいたくらいですから。

まず一度試して挫折したのは、ジョニー・ウィンターに代表されるサムピックでした。なんともぎこちなくて、全く弾けませんでした。親指が多分人より太いので中々手頃なサイズが無かったのも原因です。余談ですが、指が太いって事でボトルネックも断念しました。全く弾けません。

次に試したのはべっ甲のジャズピックで、これはかなり自分でも使えるピックだと思いました。べっ甲のピックで有名なのはリッチー・ブラックモアですが、形が奇抜過ぎてあのタイプは試しませんでした。

私が試した形はティアドロップ型とマンドリンタイプの中間くらいの大きさで、厚みも多少あって硬さがやたらと硬くて私好みでした。ただ、そのままだとあまりにも弦に当たった時にアタックばかりが強調されてしまっていたので、自分の好みの音になる様にヤスリで弦に当たる部分に丸みを付けたんですよね。10枚くらいまとめて買って全部ヤスリを掛けて5枚くらいが成功して中々使えるピックになりました。このピックは仕事でもたまに使いましたし、家でジャズの練習をする時には絶対に必要なピックでした。

現役を辞めてからもこのピックだけは大事に大事に取って置いたんですよね。ところが5年位前に紛失しました。残念なピックだったと思います。今はもうべっ甲のピックってナントカ条約で作って無いと思うんですよね。

ギターを再開して、一番悩んだのはピックでした。それこそ店中のピックから私に合うピックを探すのに2~3ヶ月位掛かりました。やっと見つかったピックは“ジム・ダンロップ”のプラスティックのティアドロップ型です。名前があるみたいですが、よく分かりません。

93b1c208.jpg


このピックは厚さが3mmで色も変なパープルでちょっと品が無い感じなんですが、厚みがあるお陰でピックを持つ部分に丁度いいくぼみがあって、とても握り易いピックです。このピックの最もいい点は、ティアドロップの先端で普通に弾くとなんて事無い普通の音なんですが、丸みのある部分で弾くと(パット・メセニーもこの部分で昔から弾いていたと思います)何ともふくよかで、甘いトーンが出るんですよね。

早弾きやカッティングには多少の慣れが必要でしたが1週間もすればすぐに慣れました。今はこのピック以外でギターを弾く気にはなれません。

このピックも実は問題点があって、プラスティックで作ってあるので弾く事を想定していない丸い部分はバリが出ているのが多くて好みの音が出ないのが殆どです。私の経験上10枚に1~2枚くらいしか好みの音が出るのがありません。

最初の頃はまとめて買って使えないのは捨てていたんですが、楽器店と相談して200枚注文して気に入ったのだけを買う事にしました。1フレーズ弾けば良いか悪いかすぐに分かるので、選ぶのにはあまり時間は掛かりませんでした。200枚注文して、実際に買ったのは30枚くらいでした。

その中でもまともに今使えるのは5~6枚です。メチャメチャ大事にしています。ピックによって音って本当に変わりますから。その5~6枚でも1個1個音が違います。最近は、ジャズを弾く時のバッキングはピックと指を同時に使っている感じです。メロディーを弾く時にはやはりピック100%で弾いています。さすがにオクターブ奏法は昔から指弾きです。

もっといいピックが見つかればいいんですが、中々無いんです。目標の音はあるんですが、パット・マルティーノみたいにふくよかで芯のある音が出せたら幸せなんですが。
  1. 2008/10/21(火) 21:55:10|
  2. セッティング関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

弦(ストリングス)の話し

所有していたギターについての話しはこれからも少しづつ書いていくとして、肝心な弦の話しを書こうかと思います。ギタリストたる者、弦にこだわりを持つのは当然の事だと思います。私もギターの弦に関しては、異常なまでにこだわってきました。

アマチュア時代はほぼ一環してエレクトリックに関しては、0.09ゲージを使っていました。ブランドも勿論こだわりは無く、楽器屋さんで安い弦をセレクトしていたと思います。(アコギに関しては常にライトゲージだったので、この日記では省略する事にします)

プロになっても暫くは、0.09ゲージの弦を使っていましたが、ピッキングや運指の関係で少々手ごたえが無くなって来た事や、チョット線の細い音が気になり出して0.10ゲージにトライしてみました。0.09の弦ってチョーキングはし易いし、ビブラートもかけ易いし結構いいゲージだとは思うんでが、やはりセミアコなんかに0.09はチョット細過ぎると言うのが正直なところでした。

私の好きなラリー・カールトンは、俗に言うヘビーボトムと言うセットを使っていたと思います。(と言われていますが、カールトンは結構ギターによって弦のゲージを変えていた様子です。初期に来日したライブではドットマーカーのビンテージの335、どう考えても0.10以上のゲージを使っていたとしか思えない音でした)1~3弦が0.09のセット、4~6弦が0.10のセットでした。当然私も試していました。このセットが結構流行って、メーカーでもこのセットで売り出したりしていました。(今もあると思います)

当時の私の感想では、0.10のセットだと1~3弦は丁度いいんだけど、4~6弦は特に5・6弦がブーミーになり過ぎてバッキングなんかしたり、低音のリフを刻んだりする時にチョット抵抗感がありまた。逆に0.09のセットは低音はいいんだけど、1~3弦が頼りないというか線が細過ぎて特に録音なんかすると張りの無い音になってしまっていました。

結構目的の音に近いゲージの弦ってフェンダーから出ていたバレット(確かそんな名前の弦でボールエンドが弾丸の形していました)っていう弦でした。しかし、残念な事に音が良くなかったです。色々試行錯誤しました。当然カールトンのヘビーボトムのセットも試して、最終的に私が辿り着いたセットはこんな感じでした。

まず、1~3弦が0.10で4~6弦が0.09の組み合わせでした。このゲージに辿り着くまでに結構時間がかかりました。0.10のいい所と0.09のいい所の両方を組み合わせてみたんですよね。正直このセットは大正解だったと思います。

23歳くらいからこのセットに辿り着いて、現役を辞めるまで全てのギターはこの組み合わせの弦を使っていました。全てとは言っても、最後の頃に使っていたスタインバーガーの時は専用弦だったので除外します。(スタインバーガーの話しは又別の日記で・・・)このセットって基本的にメーカーからは出ていなくて、0.09と0.10のセット両方を買って1本のギターに使う訳で、半分は捨てていまた。考えてみれば勿体無い事をしていました。

このセットのいい所は、ソロを弾いても張りのある音で、逆にカッティングなんかはキレのある低音で本当に使い勝手が良かったです。ディストーション系のリフなんかもブーミーにならず、尚且つソロでは張りのある音がするのでチョット他の組み合わせでは弾けなくなってしまいました。この組み合わせってストラト系には絶対にお薦め出来ます!

当時はやはり1本のギターでバッキングからソロまで全てをまかなわなくてはいけない状況でした。1曲の中で、ソロはバリバリにディストーション&ディレイ、逆にバッキングはコーラスかけて16やコーラス&ディレイでアルペジオなんて時代でした。録音した時点では、絶対に別々に録っているを、ステージでは両方を同時に再現出来なければならない状況でした。そんな時に私の考えた組み合わせのセットは、見事にその状況に対応出来たと思っています。

他のギタリストを見たり、話しを聞いたりしてもこんな組み合わせで弦を張っている人は見当たりませんでした。ヘンテコな組み合わせだったとは思いますが、昔の音源を聴いてみても、やはりいい選択だったと思っています。

最終的に好きだったメーカーって“ディーン・マークレー”でした。ちょっと割高でしたが、張った瞬間の音が一番長続きしたと思います。他のメーカーの弦は、全く使っていませんでした。したがって弦は常に箱単位で0.09と0.10を買っていました。

弦の交換も結構早めの交換をする方だったので、かなりの出費でした・・・。ライブの度に新品にしていましたし(ツアーで毎日演奏なんて時も毎回換えていました)、夏場は汗の関係で頻繁に張り替えていました。

プロを辞めて暫く(と言っても20年近く)経ってからギターを再び購入した私は、昔のセットを試そうと思いましたが、それはそれでその時代の想い出としてあえて使いませんでした。今は“エリクサー”の0.11以外使っていません。

昔のように派手なエフェクトを掛ける事も無く、少し大人びたギターを弾く今日この頃です。
  1. 2008/04/01(火) 21:34:44|
  2. セッティング関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
前のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR