FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

ギタリストの7割が違っていたはず

パープルと云うよりハードロックの名曲。Smoke On The Water です。世界一有名なギターリフと言っても過言ではないでしょうね。これを弾けないギタリストは98%居ないと思います。この動画は72年の武道館のライブです。この時の良いテイクを集めて(ほとんどは音響の良い大阪公演だったはず)あの名盤中の名盤 Made In Japanが生まれた訳です。

ある時期余りにも有名なリフ過ぎて、20年以上前に妹がイギリスに三年間住んでいた時にはロンドンの楽器店ではこの曲と「天国への階段」の二曲は、試奏禁止の張り紙が出ていたと連絡を貰いました(笑)。

観て驚いたのがリッチーのリフのポジショニングです!私はずっ~と4・5・弦スタートで弾いていましたし、ほとんどのギタリストは同じだと思います。やられましたね・・・5・6・弦スタートでした。ただ曲中に関しては4・5・弦スタートですからイントロを皆揃って間違えていた訳ですね。

このポジショニングで弾くギタリストは今回のリッチーが初めてです。衝撃でしたね。確かにストラトで太い音が出るのは5・6・弦スタートの方ですね。実際弾いてみてなるほどと思いましたね。私を含めほとんどのギタリストがこのポジショニングでは弾いていないと思います。やられたですね。。。

ただカリフォルニア・ジャムの時のバーン・ライブの時はイントロも4・5・弦スタートだったと、記憶にあります。なのでレコード発売時期とレコーディングの時には5・6・弦スタートで弾いていたはずです。いくら気分屋のリッチーでもイントロのメインのリフは真面目に弾いていたはずですか。バーンのイントロですが最初のフレーズだけ親指で6弦のGを鳴らしていると思います。そうするとあのドライブ感がでるんだと思います。

リッチーがYouTubeでこのリフについて質問された時の映像では、アコギで弾いていたので4・5・弦スタートでした。この記事はずっと書きたかったのですが下書きにして置いて、今回公開にしまた。

ギターのリフはともかく・・・最高に勢いのある時期のパープルの演奏は本物のロックバンドの音です。時代も映像も古いけれど音楽に魂があって、バンドの音にアイデンティティーを感じます。
今のバンドは何倍も上手いけれど・・・私はこの時期のパープルは格好いいと思います。映像終わりのジョー・サトリアーニのインタビューが泣かせますね。。。感動しました。私と同じことを思っていたんですね。

YouTubeで確認できなかったら・・・ずっと分からなかった事です。いい時代ですね。なのでYESの「ラウンド・アバウト」も直ぐに何パターンかライブ映像を確認しました。自分のコピーしたのは正解でした・・・嬉しかったですね。



ギターマジシャンさんのコメントがあったので奇跡の動画を張ります。

名盤 Made In Japanのまんまの動画です。この動画がある事・・・奇跡的です。会場は大阪フェスティバル・ホールだと思います。ドライブするリッチーのギター・そしてイアン・ペイスのスピード感凄いですね。歴史的なホールで音響面で評価の高い大阪フェスティバル・ホールは老朽化の影響で解体されるとの事で残念です。

  1. 2018/03/05(月) 09:37:43|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<達郎の名曲ブギ・ウギ・トレイン | ホーム | F・ホールで軽くしても?>>

コメント

No title

5・6弦でやるどころか、Gmのフォームから入って、4・5弦を薬指・小指で押さえたまま、5フレ、8フレ、10フレットと移動して弾いていました。 弦が変わると、音色が変わってしまうと思って、全部、4・5弦で弾いていたという、大勘違いでした。 YouTubeの画像で、本人の運指が確認できるようになったのは、すごいことですが、そもそもイギリスやアメリカの人は、昔からこうした元の映像をテレビとかで見ていたのでしょうね。 それにしても、日本公演のフィルムがあったのは驚きですし、とにかく本物の演奏で、ビートルズはともかく、パープル、ツェッペリンの来日に間に合う年齢に生まれたかったです。
  1. 2018/03/05(月) 19:58:00 |
  2. URL |
  3. ギターマジシャン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いつもコメントありがとうございます。 私は4・5弦を同時に薬指一本で押さえていました。おそらく小指は使わないフォームが正解かと思います。 3・4弦の時は人差し指一本でした。リッチーもそのフォームで弾いていますよ。 まぁイントロのあの太い音・・・世界中であのポジションで弾いているギタリストは数少ないとおもいます。 日本では私のスタイルで弾く人がホトン多いですから、自分でも信じて疑いもしませんでしたね。 有名で簡単なフレーズですから、逆に難しいと思いますよね。奥が深いですギターのフレーズは・・・。
  1. 2018/03/05(月) 20:18:00 |
  2. URL |
  3. kamiyo.m #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

このポジションで弾くっていうのは何かの動画で見て 「あっ、そうだったんだ。」って気づかされました。 それまでは自分も勝手に4、5弦スタートだと思い込んで 疑ってませんでした。(^^ゞ 2本目の動画のステージ上の殺風景な感じが時代です ね。アンプとかの機材こそすごいですけど、ドラムセット の置き方なんて文化祭かって感じです。(笑)
  1. 2018/03/06(火) 00:57:00 |
  2. URL |
  3. テイルピース #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いつもコメントありがとうございます。 私はこの動画見るまで気が付きませんでした・・・テイルピースさん、さすがに見どころが違いますね。 確かにあの時代は、特に日本公演では大掛かりなステージセットが組めなかったと思います。 海外なら別なんでしょうが・・・。確かに今の時代の学際の方が派手なステージですよね。 でもいい味と云うか私にはツボです。
  1. 2018/03/06(火) 01:54:00 |
  2. URL |
  3. kamiyo.m #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamiyo0336.jp/tb.php/216-033ccfd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR