FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

誰もズレないリズム

以前にも紹介した石川ひとみさんの曲の別のライブ音源がアップされたのでリズムについて解説したいと思います。前にこんな記事を書きました。リズムを外さないバンドアンサンブルとはどんな感じかを書いたものです。それを踏まえてこの音源を聴いて下さい。



イントロのベースのループ・フレーズは打ち込みです。何度か出て来るこのベースは打ち込みなのでドラムはヘッドホンでクリックを聞きながら叩いています。それ以外は生の演奏です。ドラムはクリックを聞いて叩いていますが、素晴らしくグルーブしていますね。この後売れっ子になり、今も現役バリバリで活躍しているのも分かるドラムワークですね。

私が当時24才で他のメンバーは26才近辺でした。1984年当時は一通り打ち込みのレコーディングも主流になって、その流れがライブにも使われる様になります。しかしライブですから、臨場感も必要です。なのでこの曲は一回聴いたくらいでは打ち込みされたパートは簡単には分からないと思います。アレンジャーの腕の見せ所ですね。アレンジは山田直毅さんでした。この曲ではキーボードを弾いているのでギターは私一人です。

まずはクリックを聞いて叩くドラムのグルーブが凄まじい事。そしてその流れを誰一人崩さないリズムアンサンブルです。聴くと分かりますが、どの楽器どのパートも一切リズムのもたつきやズレはなく、バンド全体が同じグルーブで演奏しています。簡単な様で実はかなり大変な事ですね。特にライブですから打ち込まれたリズムとの戦いもあります。打ち込み無しならバンドの個々のメンバーのノリでアンサンブルを決められますが、打ち込まれたリズムのある中でノリを決めるのは大変です。

結果としてアレンジが狙ったサウンドになっています・・・バンドらしさのグルーブがキッチリと出ています。キーボードのパートどれを取ってもリズムのズレは全くありませんね。ベースは打ち込まれたリズムとドラムとのバランスに上手くシンクロしています。肝心のギターですが相当あらを探して聴きましたが、ズレは聴き取れませんでした。自分でもこんなにリズムが良かったのかな?・・・と首をかしげる位です。

ギターの音ですがカッティングも高域が少し歪んでいます。使ったアンプはJC120を2台ですがライブなので相当なヴォリュームで弾いていたのだと思います。弾いていた私自身の狙いはクリーンな音でしたから・・・しかしそれもまたライブならではの出来事ですね。レコーディングならここまでのヴォリュームは出しませんし、当時はライン取りの時代でしたからね。とにかくこの曲でのギターは切れのあるリズムが狙いでした。どんな感じかというとイアン・ペイスのドラムみたいな感じです。説明が難しいですが、重くならない8ビートです。

余談ですが私はやはりフュージョン世代なので16モノの方が本当は全然得意です。自分でも16の方が好きですね。今でもギターを手に持つと自然と16のカッティングをしてしまいます(笑)。これだけのノリのある曲でもブレイクからコード進行に至るまで譜面がないと全く弾けませんでしたね。ライブハウスで弾くギタリストとしてはお粗末な話です。正直な話 Misty のコード進行も覚えていません。何回弾いたか分からない曲でも未だに、この始末ですね。譜面は読めるけど覚えられない典型的なダメなギタリストです。

いずれにしても私レベルでもここまでのアンサンブルでギターが弾けた訳です。リズムは練習次第で良くなります。この時が24才です。プロで鍛えられて6年くらいの経験を積んでいましたが、このバンドでは練習は相当しました。やはりシビアなリハーサルでしたね。アレンジャーがメンバーの中にいてのバンドなので。またそのアレンジャーが、リズム感抜群の人でしたから。それに加えてドラマーが上手いのでそのレベルで弾かなくてはなりません。代わりのギタリストは他にも沢山いる時代でしたから。なのでリズム的な事では本当に大変でした。

個々の楽器が同じ方向でリズム・キープをして演奏するとアンサンブルは抜群に良くなる良い例だと思います。リズムはズレない・・・当たり前の事です。しかしバンド単位で考えていくと他人の出す音に影響されたり、その逆もあります。ライブは一発勝負です。だからと云ってノリだけで演奏は出来ません。歌をいかに引き立てるのか・・・そこも肝心な部分なのです。私は楽器だけの演奏ではあまりギターを弾いた経験は少ないです。やはり歌ありきの演奏がほとんどでした。

このバンドの出すグルーブに乗って歌うのはヴォーカリストですから。今回の音源は歌の良さも際立っていますから、是非聴いてみて下さい。
  1. 2017/11/22(水) 15:33:24|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<カールトンの弾くオール・ザ・シングス | ホーム | 一番簡単なコルトレーン・チェンジ>>

コメント

No title

ライブとは思えない完ぺきな演奏で、これがプロの実力なのだなと、あらためて実感しました。 打ち込みに合わせること自体が、すごいことですが、一定のリズムにしばられながらも、タイトかつノリを感じる演奏は、バンドメンバー全員の実力とコンビネーションのたまものですね。 ギターのカッティングも、細かい16ビートでなく8ビートでは、大きなノリが要求されて、自分では前後に揺れてしまいます。 YMO結成時、高橋幸宏のドラムは実力云々を言われがちだが、シンプルなようで、打ち込みに合わせられるのは彼くらいで、ポンタのような手数が多いテクニシャンでも、ジャストに叩くのは無理だろうという話を聞きました。
  1. 2017/11/26(日) 08:08:00 |
  2. URL |
  3. ギターマジシャン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いつもコメントありがとうございます。 この時のルイードのライブはリハを相当しましたね。その結果良い演奏が出来たと思います。 とにかくこの時期のドラマーは凄くて合わせるのがたいへんでしたね。 打ち込みと生演奏の中でどうすれば良いサウンドが出るのか皆で考えて演奏しています。 ギターはフロイトローズにEMGのピックアップの付いたストラトです。各弦の分離が良いのが聴くと分かりますね。爆音で弾いていたのが良く分かります。 インターサウンドでで音を作っていましたが音は良いギターでした。 ポンタさんと幸弘さんに関してはスタイルの違いというか、ドラムの質が違いますね。ポンタさんはどちらかといえば歌うドラムです。その差は大きいと思いますね。
  1. 2017/11/26(日) 09:37:00 |
  2. URL |
  3. kamiyo.m #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

自己ライブでの解説、待ってました。 おそらくカセットでの生録?で、リズムの要のベースがよく聞こえないのが残念ですが、 ドラムとギターは非常にタイトですね。 音源を聞くだけだと、ドラムも打ち込みでやっているのかと錯覚します。 加えて石川ひとみさんのボーカルもリズム感が抜群だと思います。生で聞ければ、相当なクオリティの演奏ですね。 今のアイドルもこの位、歌えるのでしょうか? 全体のサウンドが、80年代後期ぽくって、懐かしかったです。
  1. 2017/11/26(日) 09:51:00 |
  2. URL |
  3. AKISSH #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いつもコメントありがとうございます。 打ち込みはベース以外にもあるのですが、キーボード系の中にも打ち込みが少しだけありますよ。 ドラムは打ち込み無しで生で叩いていますよ。リズムの安定感と小技がそこらのドラムより上手いです。 ひとみさんのバンドの後は渡辺美里のバンドやEPOのバンドで叩いていました。勿論パール兄弟のメンバーでもありました。 近年はいきものがかりでレギュラーで叩いていますね。スタジオでもかなりのレコーディングもしていますね。 ひとみさんは歌は上手いですよ・・・まちぶせのイメージがあるのでアイドルだと思われがちですが、歌唱力は凄いですよ。 あの時の演奏は若かった事もあったのと、チームワークの良いバンドだったのでいい音しています。 リハは細かい所まで突っ込んでやっていました。
  1. 2017/11/26(日) 20:38:00 |
  2. URL |
  3. kamiyo.m #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamiyo0336.jp/tb.php/196-031a11b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR