FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

驚くほど懐かしい動画 ・続々編

石川ひとみさんのライブ3連発で申し訳ないです。今回は1曲だけです。ツインギターのバランスが良いので書きます。24才の夏の演奏です。

イントロからいきなりのカッティングが私です。メインでずっとカッティングを担当しています。やっぱりカッティングのキレとかノリとかパーンを聴いて欲しいですね。ギターのカッティングがリズムを引っ張るいい例かも知れませんね。自分で言うのもなんですが。後はアルペジオのタイミング・スライドさせたカッティングがどんな感じなのか聴いて欲しいです。

当時の私はこんな感じでバッキングのパターンを自分で作っていました。それは自分が弾きたいギターが曲の流れとか雰囲気とか、一番は歌にどうしたら合うのか考えていました。今回は良い感じのカッティングが弾けていると思います。

一番書きたかったのは前の記事で書いた白のストラト音が凄く良く分かるからです。私自身は映像には出て来ませんが使ったギターは100%白のストラトです。音で分かりますね。キンキンせずそしてこもらず、抜けが良くて各弦の分離が良い音でした。EMGらしい音ですが、アクティブ臭さは感じないと思います。とにかく普通のストラトでは出ない音で弾いています。

もう一人のギタリスト山田直毅さんも御自身のオリジナルのストラト(ワインレッド)で弾いていますが、ピックアップはシェクターでした。同じストラトでも違う音です。その辺を気にして聴いてみて下さい。私の出していた音はほとんどこの音でしたから。二人共アンプはJC120 を2台使ってステレオで鳴らしています。

イントロのフレーズはツインのハモリです。キレイにフレーズを揃えられています。リズムのノリも息が合っていますね。フレージングを合わせるのは難しいですが、うまく合っていると思います。歌中のオブリガードとソロも彼が弾いています。ソロ終わりが最後またハモリです。彼が少しだけ出遅れますがソロの後ですから仕方ないですね。その後は完璧に合わせて来ましたから、やっぱり上手かったですよね。

とにかくほぼ全編カッティングを自由に弾いているのが私です。歌伴のカッティングがどんなパターンでそして、フレーズ・ノリ・音をどうすれば良いのか参考になればと思います。昔の時代の音色ですが、リズムの基本は変わらないはずです。曲に合わせて歌の邪魔をしないで他とのバランスに最大の注意をしていました。アンサンブルの中でリズムの刻みをどうすれば良いのか、分かりやすい音が聴けると思います。自慢のストラトの音も良いので聴いてみて下さい。

ギタリストが最大限リズムを意識して曲にマッチさせてバッキングのパーターンを作るのは、ハマれば楽しい作業です。それはレコーディングもライブも同じです。緊張感はスタジオが圧倒的にありますが、ライブはリハから音を作り込んでそれを人前で音を聴かせますから全然別の緊張感です。短いですがエンディングのアルペジオのパターンから終わりのブレイクのコードの構成音とパターンは結構考えて作りましたね。

上手いヴォーカリストの後ろで数々演奏してきました・・・ひとみさんはその中でもかなり歌は上手かったと思います。コーラス抜きで一人で歌い切ってこれだけ聞かせるのですから。演奏する側も歌が上手いと気持ちは良いものですから。

  1. 2017/10/19(木) 22:04:47|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<バンド・アンサンブルはリズムで決まる | ホーム | 驚くほど懐かしい動画 ・続編>>

コメント

No title

リードギターのバックで、軽快なカッティングをされているのがkamiyo.mさんのストラトでしょうが、フェイズアウトにコーラスという一時期の王道サウンドで、すごく良い音ですね。 コーラスの音はアンプ側でしょうか、自分は練習スタジオにあったジャズコーラスを何度か使いましたが、コンパクトエフェクターと全然音が違うという印象でした。 自分のマクソン、ボスともにエッジがたったようなコーラスサウンドになるところ、アンプはすごくマイルドで心地よく、初期の大きかったローランドのコーラスだと、こういう音が出せたのでしょうか。 曲の感じは、ノーランズの曲や、白いパラソルみたいなリズムで、時々ツインでハモるのは、これこれ、このパターンだよ、というくらい良いです。 あと、当たり前のことですが、山田直毅さんのギターは、本当すごいです。
  1. 2017/10/22(日) 08:11:00 |
  2. URL |
  3. ギターマジシャン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いつもコメントありがとうございます。 コーラスはアンプ側では掛けませんでした。音の作りとしてはインターサウンドのプリアンプで音を決めてショート専用のデジタル・ディレイでコーラスを掛けていました。その後のロング専用のデジタル・ディレイに繋いでからデメンションDでステレオにしていました。ストラト本体のトーンがかなり効くのでアンプはオール5で合わせていました。 個々のエフェクトを上手くすれば、こんな感じのトーンがでました。恐らくはデメンションDがエッジのないコーラスサウンドを出してくれたと思います。 直樹さんは長い事とみさんのバックとアレンジを担当いましたから、曲の隅々まで分かってギターやキーボードを弾いています。 元々MMPでも直毅さんの方が上手いとの噂はちらほら耳にしていましたが、本人と一緒にやってみてやはりギターは凄かったですよね。長年一緒に出来て勉強になりましたね。ギタリストに本腰を入れていたら、凄いギタリストになっていたはずですね。 ストラト自体は直毅さんのストラトは音が太くて良い音していましたね。たまにムスタングで弾く事もありましたが、個人的に聴いてもは同じ音出してました。 私のストラトは音の明瞭感を基本に音を作っていましたから、それがバランスが良かったのかも知れないですね。 常にお互いが相手の弾くギターにかぶらない様に気を使って弾いていました。
  1. 2017/10/22(日) 08:33:00 |
  2. URL |
  3. kamiyo.m #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

動画を引用して頂きありがとうございました。スタッフサイドしか分からない事柄もお教えいただいて大変感謝いたしております。JC120、重たくて運搬や搬入が大変だったと思います。基本的な質問ですみません、フェンダーのツィンリバーブとの音の違いはどのような感じなのでしょうか?今、アンプをどうしようか迷っているのですが・・・ 直毅さんは最初から石川ひとみのバックバンド「エイリアン」のメンバーとは別に、コンサートのサポートメンバーとして参加していたようです。コンサートの音楽監督はビレッジシンガーズにもいた元MMPの渡辺茂樹氏が行い、現場の細かなことを直毅さんが担当していたようですね。色々な紆余曲折がありつつも、直毅さんはひとみさんのそばを離れることなく、今でもひとみさんと一緒にいてくれています。昨今のライブでも、夫婦の内輪話をして会場を沸かしているそうです。お幸せそうで何よりで、来年お二人は銀婚式を迎えられます。
  1. 2017/10/24(火) 20:29:00 |
  2. URL |
  3. niratamaranntarou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

コメントありがとうございます。 ひとみさんのライブは基本はアンプをリースしていました。自分のアンプはほとんど使いませんでしたね。直毅さんは自分のアンプは古いデラックスリバーブを持っていたようですが・・・JCを私と一緒にレンタルしていました。 JC120は正直言って多少の癖のあるアンプです・・・中域の安定がある音がしますが、高域はチョットばかりこもりがちです。 アンプとしてどちらが良いかは使い方とか、やるジャンルや好みで選ぶしかないですね。 フェンダーのツインはとにかく素直な音の出るアンプです。少し高域志向のフェンダーらしく高域はギラツキがありますが・・・。今の私ならツインを選択しますね。JCは弾き飽きた感じです。ただツインは重いですよ。パワーもかなりあります。50W位の真空管アンプをお勧めしますね。私なら・・・。ブギーなんかどうでしょうか? JCはリースなのでステージには設置してあったので運搬の苦労はありませんでした。 チャッピーさんですね・・・茂樹さんはそう呼ばれていましたよ。直毅さんがそう呼んでいましたね。 私の加入時には直毅さんお一人でアレンジから音楽監督もしていました。メンバーからの愛称は”監督”でした。同年代のメンバーで”直毅”ではおかしいし”直毅さん”も変だし・・・メンバーで相談して”監督”で決まりました。最後までそれは変わらず、ドラムの松永くんと数年前に話をした時にも”監督と連絡~”なんて会話していました。私達の中での直毅さんの呼び方は変わらずです。 お二人銀婚式ですか・・・何だか感慨深いですね。メンバーで直毅さんの鳩ヶ谷のお宅にお邪魔した時に、ひとみさんがすっぴんでいらして、ハッキリ付き合っていたのが分かりましたね。それ迄は比較的二人共あからさまな交際は見せませんでしたからね。噂はありましたけど、あの時は驚きましたよ(笑い)。
  1. 2017/10/25(水) 17:54:00 |
  2. URL |
  3. kamiyo.m #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

アドバイス、ありがとうございます。ブギーのアンプは中古になりますね。私は、どちらかというとジャジーでメロウな感じの音が好きなので、リバーブが組み込まれている、真空管アンプのブギーは結構良いかも知れません、少し勉強します(笑)
  1. 2017/10/28(土) 16:34:00 |
  2. URL |
  3. niratamaranntarou #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いつもコメントありがとうございます。 実のところですがフェンダーもブギーも回路はほとんど変わりません。 キャビネット・スピーカー・マスターヴォリュームの辺りが違うくらいだと思います。ツインは確かに名機ですが、近年のアンプも探せばツインより使いやすくて、音の好みに合うアンプは絶対にあると思います。 ローランドのブルースキューブもかなり良い音がするとの事ですので、一度試して見て下さい。
  1. 2017/10/28(土) 16:47:00 |
  2. URL |
  3. kamiyo.m #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamiyo0336.jp/tb.php/190-1ba4f433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR