FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

ギタリストと読譜力・初見編 Ⅳ

今回は総合的な初見の事に関して書こうかなと思います。

現場でギタリストに渡される譜面には色々なパターンがあります。基本はメロディーがあればメロが書かれています(メロの部分にはコードネームがないのが殆どです)。

後はバッキング・パートになりますがコードネームは当然書かれています。バッキングに関しては指定されたリズムの刻みが書かれている事の方が多いですね。

レコーディングの場合はコードネームだけで、何も書かれていない事の方が多いです。特に歌中はそんな事が多いです。アンサンブルを聴きながら自分なりの刻みをする事になります。その場合はWith Feeling なんて書かれている事があります。早い話がバッキングのパターンは自分で考えろと云う事ですね。但しブレイクや他と同じリズムを弾く時は指定されています。

私は劇伴やCMのレコーディングでは作曲家・編曲家で有名だった、神津善行さんの仕事を数多くさせて頂きましたがギターのバッキングは、ほぼコードネームしか書かれていませんでした。一度16ビート物でレイ・パーカー・ジュニアみたいな感じのカッティングをしたら、どうやって弾いているのか聞かれました。あまりギターには詳しくなかった方だったのかも知れませんね。その曲はテイク2でOKが出ました。その時のCMは車のCMでしたが放送を聴いたら、やたらとギターのカッティングが大きめな音で入っていて嬉しかった覚えがあります。

ちなみに当時のCM録音は15秒バージョンとか30秒バージョンとかがあって、同じ曲を2回アレンジで長さを変えて録音していました。モニターがあってCMの画像も同時に流れている事も多々ありました。本格的なレコーディングとは違って全部の楽器は同時録音でしたね。一発撮りなので後からのダビングは無いのでプレッシャーは大きかったです。ただ曲が短いので譜面に関しては1ページも埋まらないので譜面を読むのは楽でした。

CMの録音は2時間が定番でした。早く終る事も多かったですが、2時間分のギャラはちゃんと貰っていました。その後は時代流れと共にCMからヒット曲が出る様になるので、歌手の方のオリジナル曲が流れる様になってCM録音は減って行く傾向になりました。

それでは譜面を渡されたらどうするのか?戸惑いますよね。私も最初はそうでしたから。まずは何は無くてもメロディーの確認からします。殆どがメロディーはソロ部分なので一人で弾く訳ですから、誰も助けてはくれません。なのでメロディー部分を先に確認します。何故ならバッキング・パートは最悪弾かなくても曲は進んで行きますから。

下手にバッキングのコードを間違えたり、リズムがズレるくらいなら弾かない方が他のミュージシャンには迷惑がかかりません。なのでメロディー部分がまずは最優先です。私はそうして来ましたし、慣れるまではその方が良いと思います。

曲の中でソロパートを間違えたり、弾かないのが一番最悪なのです。曲が止まりますし、最悪怒鳴られます。なので譜面を見たら、メロディーの確認から入りましょう。バッキングは後回しで良いのです。

私は高校3年でプロデビューしましたが、いきなり全部初見で弾けた訳ではありません。数ヶ月は苦労の連続でした。すぐに慣れた方だとは思いますが、最初の苦労はハンパでは無かったですよ。そんな私がやっって来た方法が、今回の記事に書いた初見での対応でした。

慣れてしまえばですが、譜面を渡されて1分も見れば対応出来る様にはなります。現場ではリトナーの「キャプテン・フィンガーズ」みたいな譜面はまず出て来ません。落ち着いて読めば良いと思いす。

一度だけ「スペイン」並のユニゾンのあるインストの譜面を渡されて初見で弾かされましたが、既に慣れていたので何とか弾けました。そんな事はまれな事なので、歌伴に関しては慣れてさえすれば必ず初見で弾けます。

慣れるイコール数をこなす事です。何度も間違えるのは誰しも同じです。怒られもします。そんな事を経験して初見で弾けるようになるのだと思います。譜面を怖がるのが一番良くありません。自信を持って譜面を読むのが近道だと思いますよ。

現役時代に一つのエピソードがあります。ちょっと怖い話です。私が20才位の時です。あるリハーサルの時でした。ベーシストが経験が浅くて、リズムは悪い・初見はミスるの連続でした。かなり上手いドラマーが怒ってベースアンプの電源を切ってしまいました。そんな事も私は現場で見てきました。ベーシストは途方に暮れていましたが、音は出なくても頑張って弾いていました。それがプロなのです。その後すぐに残念な事ですが、ベーシストは差し替えられました。

現場では弾けて当たり前・譜面は読めて当たり前・リズムは良くて当たり前だと思われます・・・当然ギターの音も良くて当たり前だと思われます。だからこそお金を貰っているのですから。プロとしてギャラが発生するのですから、頼む方はそれが当然だと思って仕事を与えてくれる訳です。

一発のミスで次からの仕事が来なくなる世界です。一流ミュージシャンはやはりその辺が違いますね。売れているミュージシャンはやはりミスもまず無いし、出す音も違っていました。厳しい世界ですがプロの現場ってそんな感じでしたね。

譜面の話から横道にそれましたが、初見に自信が持てる様になると気持ち的に余裕が生まれるので、出て来る音も必ず良い方向へ行くと思います。

私が見てきた一流と呼ばれるミュージシャンには常に余裕が感じられましたね。そのレベルには最後まで私は追いつく事が出来なかったです。
  1. 2017/10/12(木) 21:43:01|
  2. ギター練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<驚くほど懐かしい動画 | ホーム | 若いけれど凄い女の子ギタリスト>>

コメント

No title

渋谷河合楽器の発表会の練習の際に、ドラムの人が、MALTAのファンクラブの副会長だかで、レコーディングに使った譜面のコピーを持ってきてくれました。 素人の自分には初めて見る本物の譜面は、まさにkamiyo.mさんのおっしゃるような譜面で、決めの部分のリズムパターン以外は、コードしか書いてなかったです。 当然ながら、自分たちはレコードになった曲を知っていての演奏でしたが、何もない状態から、単音リフとカッティングパターン、さらにギターソロをその場で組み立てるプロの実力を思い知りました。 (本物は、松原正樹だったかと思います)
  1. 2017/10/13(金) 20:01:00 |
  2. URL |
  3. ギターマジシャン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いつもコメントありがとうございます。 ギターマジシャンさんのおっしゃる通り現場の譜面は殆どがそんな感じです。バッキング・パターンを細かく指定されるのはあまりないですね。弾き手にお任せのスタイルが多かったです。 センスを問われるので・・・私はディレクターから注文を受けたりは何度も経験しました。音色とかミュートしてくれとか・・・色々でした。 マルタさんのバンドは一緒に他でレギュラーの仕事をしていたキーボードが、やっていっました。懐かしい思い出ですね。 そのキーボーディストは楽器の借金でいつも苦労していました。当時のキーボードは本当に高かってですからね。 天野清継さんもいたと思います。
  1. 2017/10/13(金) 21:14:00 |
  2. URL |
  3. kamiyo.m #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamiyo0336.jp/tb.php/187-333f4510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR