FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

好きな曲貼ります。解説少し⑦

同い年の杏里。彼女の中では好きな曲。オリジナルもいいけど作曲した角松敏生とのデュエットも味がある。ライブなのに素晴らしい音響。そしてバッキング・ミュージシャンの実力には脱帽。ジャパニーズAORというジャンルがあればその名曲に入ると思います。



ウイルソンブラザーズの残した1枚限りのアルバムアナザー・ナイトの中の名曲。ギターはLAで一番勢いのあった時期のルカサーが弾いています。このアルバムではドッド・ラングレンの曲もカバーしていて、その曲も素晴らしいです。



パット・メセニーの中では一番好きな曲。彼らしさのギターが一番聴けると思います。ライル・メイズがいたからこそのサウンドと言われますが・・・また変な関係だとの噂もありますが、それは関係なくジャズ・ギターの新しい流れを作ったパット・メセニーのミュージシャンとしての実力が、素晴らしいの一言ですね。



たった1枚・・・このアルバムだけを残したエアプレイ。全曲が素晴らしいアルバム。アルバムラストのこの名曲。アースに提供したAfter The Love Is Gone をセルフカバー。この曲 Is と Has の表記が定まらない不思議な曲です。ジェイ・グレイドンのギターソロ・・・オバーダブで重厚感あるサウンドが圧巻。コピーしなかったギタリストがいなかった位の有名なギターソロ。



本当に最近知りました。達郎のクリスマスイブを現代の若いミュージシャン達がどこまで再現出来るか、チャレンジした動画。この手の企画好きです。達郎のクリスマスイブはアナログ・レコーディングの時代ですから、今のデシタルレコーディングとは音の空気感・音圧感が違います。しかし若い世代が頑張る姿は時代に関係なく素晴らしいです。感動しました。女性ドラマーは相当に苦労したはずです。何しろあの青山純さんのパートを再現しなくてはならないのですから。よく頑張って叩いたと思います。音楽の持っている肝心な何かを私達年代にも、改めて教えてくれた若いミュージシャン達の素晴らしい演奏です。

  1. 2018/04/29(日) 18:49:20|
  2. 音楽の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このブログは全て私の記憶

書いている記事は全て記憶だけで書いています。一切調べ事はしていません。
なので勘違いもあったかと思います。

このポリシーはブログを書く時に本当の事を、記憶の範囲で書くと決めたからです。
その点をご理解頂いて読んで頂くと嬉しいです。
  1. 2018/04/29(日) 15:06:32|
  2. 自分の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

好きな曲貼ります。解説少し⑥

スティービー・ワンダーの隠れた名曲。サンシャインと同じくらいすき。
イントロのギターはその後映画フラッシュダンスの音楽マニアックでブレイクしたマイケル・センベロ。



スタッフのデビューアルバムのA面2曲目のリチャード・ティーのエレピをフューチャーした歴史的演奏。
簡単に聞こえるゴードン・エドワーズのベースは当時日本ではグルーブが凄くて話題になった。
未だにフェンダーローズを使う時にはエロくトロ・ハーモニクスのスモールストーンが人気です。



後のイーグルスのメンバー達とロックを歌いってヒット作を出した彼女が・・・年月を経てジャズを歌うとは驚いた。
ネルソン・リドルのオーケストラと組んだ名演。私の中ではこの曲はそれこそ星の数ほどありますが、リンダのバージョンが
モストフェイバリットです。ピノキオの願いが込められた歌詞が泣かせます。



ユーミンの中では一番好きなアルバム”昨晩お会いしましょう”の中の佳作。本当はオープニングナンバーのタワー・サイド・メモリーが一番好きですが動画がみつからなくてこの曲。アルバムを通して同じカラーリングの曲の続く、秋から冬には最高のアルバム。ジャケ写はイギリスで撮影するほど拘ったアルバム。当時付き合っていた、名古屋の名家のお嬢様の彼女が「これ聴いて」と言われてカセットをもらったのも思い出。10数年後に再会したら名古屋駅にフェラーリで迎えに来てくれた。



EL&Pの代表曲。オリジナルとこちらとどうしようか迷いました。
彼女が凄いはエレクトーンで一人で完璧に再現している事。それとフレーズのキレとスピード感。全盛期の
キース・エマーソンに匹敵する勢い。どなたが弾いているかは分かりませんが、日本のミュージシャンも凄い人が
いると驚いた演奏。

  1. 2018/04/29(日) 14:32:25|
  2. 音楽の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好きな曲貼ります。解説少し⑤

オールマン・ブラザーズ・バンドの名盤(2枚組)ライブのオープニング・ナンバー。
ツイストにいた松浦さんも相当に上手かったけど、この2人はズバ抜けて上手い。特にオリジナル・メンバーのドラマーを叔父に持つデレク・トラックスは信じられないギター以上に、音楽性がとにかく高い。クラプトンのバンドから直ぐにオファーが来たのも納得出来る。ミュージシャンとしての伸びしろが何処までいくか・・・期待できます。



シュガー・ベイブ解散後のすぐのアルバムの中の名曲。ドラムはスタッフのクリス・パーカーが叩いてます。
声が若い時の彼女が今は聴けないのが残念です。



ベックのナンバーでは一番好きな曲。作曲はキーボードのヤン・ハマー。ライブバージョンが腐る程あるけど、レコーディングのバージョンがしっくり感がある。当時は衝撃受けたギタリストがそこら中にいた。ドラムはヤン・ハマーが叩いているのも驚きな曲。

注・最初に貼った動画が削除されていました。なのでライブバージョンの動画に差し替えました。ドラムはサイモン・フィリップスです。凄いプレイしてますね。キーボードはヤン・ハマーです。



スティーリー・ダンの後期の名曲。ドラムは確かリック・マロッタだったと思う。あのジェイ・グレイドンが世に出た有名なギターソロ。ドナルド・フェイゲンが気難し屋でグレイドンに辿り着くまで8人か9人のギタリストに弾かせてもOKが出なかったとか。それだけの事はある一切のスキのないサウンドを完成させたアルバム。



ウエザーリポートと云うより天才・奇人と呼ばれたジャコ・パストリアスの名曲。ジャズベースの歴史を変えた数少ないベーシスト。グルーブするベースは当然として、フレットレス・ベースの音とハーモニックの音は今現在超えるベーシストが見当たらない程完成されていました。

  1. 2018/04/27(金) 17:45:37|
  2. 音楽の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好きな曲貼ります。解説少し④

アマチュア時代チャーと伝説のスモーキー・メディスンのヴォーカリスト。日本のジャニスと呼ばれた彼女。
解散後のこのバンドでもジャニスしていました。下北の葬儀屋さんの娘さんが歌うロック。



ボーイズ・タウン・ギャングがカバーして日本で大ヒットした。
本家はこちらフランキー・ヴァリ・・・それすらカバーソングとの噂も・・・。
オールディーズで一番カバーされた曲かも知れませんね。



インテリジェンスのあるエバンスのピアノ曲。美意識とそのコード感に乗せたメロディー・ラインの
音それぞれに魂が入っている。彼が死んでパット・メセニーがエヴァンスに捧げた美しい曲を書いた。



映画音楽の名曲。邦題はいそしぎ。美しい演奏です。
トゥーツ・シールマンスはお亡くなりにはなっても、彼ののこした音源は素晴しいものばかり。
隠れたギターの名手でもありました。



ディスコの時代チークタイムはこの曲。青い影でした。
オリジナルは勿論素晴しいですが、歌のないこのハモンドオルガンのカバーは心が洗われます。
バッハのパクリと言われても、名曲には間違えないですよね・・・。私の葬儀にはこの曲を希望しています。

  1. 2018/04/27(金) 07:55:32|
  2. 音楽の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR