FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

ライブのサウンドチェック

私は数多くのライブを経験して来ました。何本のライブをしたのかは分からない位ですね。
ライブは基本的にレコーディングとは違って、ミックスダウンは出来ません当たり前の話です。ですから各楽器のバランスや定位も一発勝負的な事になります。ミキサーの方の腕も問われるので、ミュージシャン対ミキサーの方の連携が凄く大切になるし対決みたいな感覚まで生まれます。
なのでライブの良し悪しを大きく左右するのはサウンドチェックです。

では・・・現場ではどんな感じでサウンドチェックをしているのか、私の経験から学んだ事を書きたいと思います。時代は変わってもサウンドチェックの方法は大差が無いはずですので、今からミュージシャンを目指す方にも現場のサウンドチェックの仕方を紹介して置きたいと思います。また宅録の参考になるとも思います。

何は無くてもまずはドラムのバランスから入ります。
まずはキックから入ります。キックの定位とボリュームが基本に来るのです。ドラマーはまずキックをミキサーの方からリクエストされます。ここでまずドラマーの腕が問われるのです。簡単なキックと思われがちですが、一定の音量でキックを鳴らせるのは中々難しい事なのです。
ここでキックの音量や音圧にバラつきがあると何も始まらないからです。上手いドラマーはここが凄いのです。スタジオ・ミュージシャンの凄いのはキックの安定が本当に一定なのです。

次はスネアになります。当然ですが一つ打ちです。スネアに関しては強いタッチと弱いタッチの両方をリクエストされます。それでOKが出ればその次がキックとスネアのバランスを取ります。ここ迄は基本中の基本です。ギタリストはまだまだ出番はありません。じっと待ってモニターから聴こえる音に注意をはらっています。

次もまだまだドラマーのサウンドチェックが続きます。次はタムをリクエストされます。フロアタムも当然含まれます。丹念にタムを一つずつ鳴らして行きます。この時はキックとスネアはお休みです。そこでOKが出てようやくハイハットに移りますが、殆どはキック・スネア・ハイハットでシンプルなパターンを叩きます。16はまず叩きません。基本は8のゆっくりとしたパターンを叩きます。結構な時間叩いてバランスを取っていましたね。
その後はトップシンバルを叩いてまた8の淡々としたリズムを刻みます。ドラムにはやはり一番時間が掛かりますね。
その後は8のパターンにタムを交えたオカズを入れることをリクエストされます。トップ以外のシンバルはたまに鳴らすだけで余り時間は使いません。
とにかくキックとスネアそしてタム・ハイハットのバランスが大切なのです。
ドラマーは本当に大変な作業だったと思いますね。何しろ鳴らす物が多いですし、ライブではドラムの音が基本になりますから。
何よりもドラムの定位とリバーブの掛かり具合で全体のサウンドが決まってしまいますから。ミキサーの方は本当に大変な仕事だと思います。スネアの響きひとつ取っても難しいのですから・・・。ドラマーもそれを分かっていて協力して叩いているのがサウンドチェックです。

ドラムが終わると次はベースです。ベースは基本的にはフレーズの指定はありませんが、速弾きはご法度ですね。何でもかんでも勝手に弾くのではなく、ミキサーの方の調整がメインなのですから調整し易いフレーズで弾くのは常識です。ですからシンプルな音使いで何か弾きます。ベースも音圧とボリュームが一定である事が要求されます。
ミキサーさんによってはここでベースとドラム同時に何かリクエストされる事がありますが、殆どは8の基本パターンですね。

その後はギターだったりキーボードだったりします。ミキサーさんにもよりますが殆どはまずはピアノが先ですね。私の時代は殆どピアノは生ピアノではなくて、流行りはヤマハのCPでしたね。
その流れでキーボードが先にサウンドチェックをする事の方が多かったです。シンセもやってしまいますね。DX7のエレピやストリングスや色々ミキサーの方からリクエストされた音を出す事が殆どですね。
キーボードも少し時間が掛かりました。やはり色々な音を出すので仕方がありませんね。

そしてようやく・・・ギターのサウンドチェックが始まります。ギターは他の楽器に比べると本当に簡単ですね。まずはソロを弾く事をリクエストされます。
そのライブで弾く曲の時もあれば、勝手にアドリブを弾いてもどちらでもOKでした。基本は歪んだ音で弾いていました。クリーンのソロは余り弾いた記憶がありませんね。その時のライブで弾く最大の音量で弾きます。まずはバランスが大切なので一番大きな音量で弾かなくては意味がありませんね。
次にカッティングに移りますが歪ませてパワーコードで弾いたりしますが、私は余り弾きませんでしたね。クリーンで16のカッティングを弾いていた事が多かったですね。
その次にコーラスを掛けたアルペジオなんかも取り混ぜて弾いていました。ギターはあっけ無いくらい早く終わりますね。どちらかと云うとアコギの方が時間が掛かりましたね。
アコギの方が意外とミキサーさんは苦労していたみたいですね。とにかく強いタッチのアルペジオを弾いていましたね。ストロークは余り弾きませんでしたね。

その後はホーンが入っていれば殆ど揃って吹かされていましたし、コーラスの方も揃って歌っていました。ホーンとコーラスは一括りとしてサウンドチェックをしていましたね。

これで終わりだと良いのですがミキサーの方によっては、マイクのセッティングを替えたりもします。アシスタントの方にマイクの位置の変更を指示したりして、もう一度音を下さいなんて事はよくある事です。
ギターのマイクの位置は良く動かされた経験が何度もあります。ギターアンプのスピーカーの前に立てるマイクの角度とか方向を調整していましたね。
ベースは基本DIからライン撮りが殆どなのでマイクは使いませんでしたね。ベースアンプはモニター代わりの感じです。

全ての楽器が終わると全体で何か一曲がようやく始まります。触りだけですけれどね・・・。
そこで少し休憩してからバンド全体で2~3曲演奏しますね。
ボーカルの方なんかは客席で聴いている事も度々ありました。全体の音を把握したいのだと思います。

この時に私達ミュージシャン側からモニターの返りのリクエストをステージサイドのミキサーさんのアシスタントの方にお願いしますね。キックを大きくとかベースを大きくとか色々と自分の好みを伝えます。
何しろライブではモニターの返りのバランスが悪いと、凄く弾きにくいです。私はとにかくスネアとキックを多目に返して貰うのが好みでしたから。
ライブ中にモニターが死んでしまう事もありますが、そんな時は隣のベーシストの所に行ってベースのモニターの前で弾いていたなんて事もありました。とにかくモニター命ですから、演奏中にステージサイドに目をやってモニターを上げてくれと手で合図する事もよくありました。

最近のライブでは、モニターにプラスしてイヤホーンを付けているのを見かけますが私達の時代にはありませんでした。良い方法だと思いますね。
当時はドラマーが密閉型のヘッドホンを付けて演奏するくらいでしたが、ドラマーに聞いたら長丁場のライブでは疲れると言っていました・・・。

こんな地道な作業をミュージシャンとミキサーさんの連携でライブのサウンドチェックは進行しています。会場によってそれぞれ鳴り方も違うし、リバーブ感も変わりますからね。少しでも聴いてくれる方に良い音を届ける事がステージ側の責任ですから。
サウンドチェックと一言で終わらせるのは簡単ですが、奥が深いのです。

パーカッションを忘れていました・・・ドラムの後とかベースの後が多かったと思います。

ライブはチャンネル数にも限りがあるし、ミキサーさんの腕が大きく影響します。私達ミュージシャンも気合を入れてサウンドチェックに臨んでいました。
  1. 2017/06/26(月) 21:33:53|
  2. 音楽の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

突然の訃報

たった今ギタリストの松木恒秀さんが、お亡くなりになったとの事を知りました。

渋いギターを弾かれていて日本のスタジオ・ミュージシャンの草分け的存在でした。残念です。
和田アキラさんが松木さんのボーヤをやっていたのは有名な話ですね。

ご冥福をお祈り致します。
  1. 2017/06/21(水) 22:57:19|
  2. 好きなギタリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

これぞグルーブ

最近見つけた動画です、高中正義さんのライブですね。
私はこの曲の入ったアルバムは大好きでした。その時期の高中さんのストラトは本当に良い音してました。勿論この曲は高校生の時にしっかりコピーしました。私が高中さんのコピーをしたのはこの曲が最初でした。

この映像の中で素晴らしいグルーブが聴けます。とにかくベースです・・・後藤次利さんのグルーブするベースは素晴らしいの一言に尽きます。ドラムはリズムキープに徹していてシンプル極まりないパターンを叩いています。
確実にアンサンブルの中でバンドのグルーブを引っ張っているのはベースです。これぞグルーブすると云う事だと思います。
殆どベーシストとしての活動は余りしていないのですが、ひと度ベースを弾くとこのグルーブです・・・流石としか言えません。
高中さんのリズムのズレが気になって仕方がない部分が多々あります。仕方ないですね・・・これだけベースのリズムが凄いと。

その昔後藤次利さんのレコーディングはモニタールームで見させて頂きました。しかしそれ以上にライブでの躍動感溢れるグルーブには参りましたね。良いベースが聴けて幸せな気分です。
今では懐かしいスペクターのベースを使っているのには感動モノですね。

  1. 2017/06/21(水) 21:16:01|
  2. 音楽の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ミュージシャン時代の話し 演歌編

私がプロで最初にツアーに出た仕事は演歌の仕事でした。18才の後半の頃です。
当時はツアーなんて言葉はなくて演歌系の仕事は”ビータ”と呼ばれていました・・・旅を反対語で言っていたのです。

私は全然駆け出しのしかも高校生ですから、仕事を選ぶなんて出来ませんでした。依頼があれば何でもするしかない状況でしたからね。演歌だろうがなんだろうが仕事があれば嬉しかったですし・・・。
何しろギターを弾いてお金が貰えるんですから、こんな幸せはありませんでした。ですから来た仕事には不満なんて全然無くて、一生懸命頑張りました。

地方に行くのも初めてでしたので、その演歌ツアーの仕事は今でもハッキリと記憶しています。
演奏させて頂いた歌手の方たちは既にピークを過ぎた方たちでしたが、その世界では先生と呼ばれる位の歌手の方々でした。
灰田勝彦さん菅原つづ子さん伊藤久男さんと他にはこまどり姉妹さんでした。私の両親ですら懐メロとして聴いていた方々でした。当然ですが18才の私が知っている訳は無かったですし、大変失礼な事にお歌の方は何一つ聴いた事もありませんでした。

バンドは東京で当時は有名なビックバンドでしたが、ギターの方が居ない編成だったので私が参加する事になった訳です。
あるギタリストさんからの紹介で仕事を頂きました。高校の方は担任に事情を話して休ませてもらいました。付属高校だったので既に進学も決まっていたのでOKが出ましたね。ツアーの期間は10日間でした。
九州を廻るツアーで1日2ステージでした。勿論リハ無しです。全て初見での演奏でしたが何とか頑張りました。

初めてのツアーが演歌でしたが、楽しかったですし勉強にもなりましたね。最初はビックバンドの方には”何だこの小僧は”みたいに思われていました。当たり前ですよね、駆け出しの高校生ギタリストですから・・・。
その前にも演歌の仕事は単発で少しはしていたので、演歌の弾き方は少しは分かっていましたから慣れるに従って自分でも分かるくらい日々上達して行きました。
最初は隣で弾いているベースの方は完全に私の事は無視に近い状態でしたが、3日目位からお話をしてくれる様になりました。色々とアドバイスなんかも頂きましたし、この先の事とかも移動中に相談に乗ってくれましたね。そのツアーの後でもお電話で色々と相談させて頂きました。とてもありがたかった事だと思います。

今でも覚えているのは伊藤久男さんの歌う姿です・・・直立不動で歌う姿は凛としていて流石は往年の大スターだと思いましたし、貫禄も充分感じられました。
その伊藤久男さんから”君は若いのにしっかりしたギターを弾きますね”と言われた事は、ほんとに嬉しかったです。

やはり演歌と言えどもギターの出番は結構あります。短いですがソロもあるし歌中のオブリガードも全て譜面通りに弾かなくてはなりません。一番苦労したのが菅原つづ子さんの曲でした。途中でバンドがブレイクで休止したあと、少しの間を置いてかなり厳しいギター一人のカデンツァがありました。フリーテンポのカデンツァでしたが、そんなのは弾いた経験がありませんでした。
その後に歌がまたスタートするので何があってもミスは許されないカデンツァでした・・・譜面を見た時になんじゃこりゃ~と思う位のフレーズでした。
運良く最後の日まで何とかミス無く弾き切れました・・・ベースの方が最後の日に”よく弾いたねあれ・・・他のギターだったら1回位はミスってるよ”と言って頂いて涙が出るくらい嬉しかったです。

何が何だか分からないけれど何とか最後まで努められた事は、その後の私には自信になりました。ビックバンドの方たちも後半には優しく接してくれましたし、色々と教えてくれた事も沢山ありました。
あとは移動の最中のビックバンドの方たちの旅慣れた雰囲気も、私にはこれがプロの世界なんだなと感じさせてくれました。

その後の演歌の仕事にも少しは自信が持てる様になった、私の思い出深い仕事でした。
  1. 2017/06/12(月) 21:57:03|
  2. 自分の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミュージシャン時代のスケジュール管理

今の時代のミュージシャン達はどんなスケジュール管理をしているのか、古い時代の私には全く分かりません。
今回は私が70年代から80年代終わりまで、どんな感じで自分のスケジュールを管理していたのか書くこ事にします。私の知り合いのミュージシャン達も殆ど似た感じでスケジュールを管理をしていたので、参考になるかと思います。

まずお断りしておきますが、私は決してスタジオミュージシャンではありませんでした・・・確かにスタジオでのレコーディングは数々こなしていましたが、基本はライブや放送関係の仕事が90%でした。
売れているスタジオミュージシャンの方はとてつもないスケジュールをこなしていたので、とても自分では管理が出来ません。ですから殆どが音楽事務所に籍を置いて、事務所が全てのスケジュールを管理していました。
松原正樹さんなんかは、スタジオで1日5本とか6本の仕事をこなしていたので、とてもではありませんがご自身での管理が不可能なのは当然ですよね。

では・・・私レベルの二流ミュージシャンはどんな感じだったのか書く事にします。
私がプロになった頃は携帯はおろか、留守番電話もない時代でした。自宅の固定電話が大切なアイテムでした。。。
子機もない時代の電話なので、電話が鳴ると何時だろうと常に速攻で取っていました。

演奏の依頼は殆どが電話でした。電話の横にはカレンダーは絶対に置いておかなくてはなりませんでした。後はメモ帳とペンです。今の時代では考えられない事ですが、仕事を確保するのですからその程度の準備はしていました。

では電話の相手は誰か?・・・私の場合は当時ミュージシャン専門にタレントさんや番組関係の仕事を確保する、通称インペク屋さんでした。今で云うところの人材派遣会社の様な感じです。
私が懇意にさせてお世話になったインペク屋さんは4社くらいでしたね。単発の仕事もあればオーデションの紹介があったり、オーデションなしでツアーの仕事などを紹介をして頂きました。
インペク屋さんは私の経歴や今迄の実績を知ってくれているので、私が出来ると思われる仕事を理解していてくれているので、助かりました。

他にはやはりミュージシャンの方からの電話です。ギターの方もいれば、他の楽器の方からも随分仕事の依頼がありました。アレンジャーさんからも少ないですがありました。アレンジャーさんの場合はCMの録音や劇伴の録音がほとんどでした。

インペク屋さん・ミュージシャンの方に関わらずまず聞かれるのは、何月何日は空いてますか・・・から始まります。
カレンダーをみて答えるのですが、駆け出しの時期はほとんどが空いていましたが、多少仕事が増えるようになってからはお断りするすることもありました。
体は一つなので、中々掛け持ちは厳しかったですから・・・。

スケージュールが空いていれば、次は誰の(歌手の方)仕事なのか、入り時間と音出し時間の説明があります。当然ライブなら何処に行くのかとか、何本のツアーなのかです。
単発なんかのライブも結構ありました。前乗りなのかとか、泊まりなのかとかです。後は飛行機の時間とか新幹線の時間です。

リハとか録音の仕事の場合はスタジオの名前を教えてくれます。
ギャラの話はその後になります。次にアコギを持ってきて欲しいとか楽器の事です。編成なんかもその時に説明を受けます。
私の場合殆どが初見の仕事が多かったですね・・・初見が効くと思われていたのかもしれませんが仕事ですから仕方がありませんでした。
ギャラに関しては自分で請求書を書かなくてはならないので、請求書は常に2冊位は持っていました。ギャラは振込もあれば、取っ払いと言って演奏後直ぐに支払われる事もありました・・・。

スケジュールも大体1月くらい前の確認が多かったですね。後は結構あったのが、前日の夜に明日空いてますかなんて電話は意外と多かったですね。勿論空いていれば断る理由はないし、私レベルが断れば次からは仕事は来なくなりますからね。
あとキツかったのは、当日の午前中に連絡がきて午後から空いてますか・・・なんてのもありました。午前中は殆ど寝ていましたから辛かったですね。その場合は殆どがスタジオの仕事でしたね。

一回だけあるギタリストが盲腸で深夜に病院に入ってしまい、その方の奥様から明日の仕事を主人の代わりにお願いできますかなんてのもありました。一大事でしたので私も快く受けました。

電話以外では現場で頼まれる事も結構ありました。インペク屋さんは一応現場に顔をだす方も結構いましたから。あとは現場でご一緒した方からなんかも、スケージュールを聞かれて仕事を受けたりしていました。

ラッキーな事に駆け出しの頃には埋まらなかったスケジュールも年月を重ねて、少しずつですが埋まるようになりました・・・幸運な事です。
ただ最後まで1月全部埋まった事は一度もありませんでしたね。月に3日休みだったのが一回あっただけです。

今迄書いた通りですね・・・スケジュールは全て自分で管理してしていました。思った以上に大変な事だった記憶があります。
あくまでも私の経験ですが、多かれ少なからず他の方も似たような感じだったと思います。

昔の話ですので・・・今の時代はどんな感じだったのかなと思ってしまいますね。メールもあるし・・・。便利な時代のミュージシャンが羨ましく思えます。

ついでですが動画もアップします・・・恐らく私が放送関係の仕事をした最後くらいの動画です。
向かって右手でオベーションを弾いているのが22か23才位の私です。
よく聴いて頂くとアコギのアルペジオが聴こえます・・・今ではこんなには弾けないと思います。今聴くとアルペジオのリズムが正確で自分でも驚きました。。。

  1. 2017/06/09(金) 20:43:22|
  2. ライブ動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR