FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

LINE6・コーラスの話し。

私が持っているLine6のコーラスの話しを書きます。
正式にはモジュレーション・モデラーと言う難しい名前で、昔懐かしいモジュレーション系のエフェクターを十数種類モデリングしたエフェクターです。
ちなみに私が十代の頃ですから、かれこれ30年以上前にはモジュレーションって言葉はありませんでした・・・。

LINE6コーラス

買ったのは2007年の初めの頃だったと思います。
ただ使ったのはほんの数回で、今度やるバンドがフュージョン系の曲もやるので、1年振りに引っ張り出して使っています。

前回使ったのは去年の4月に自分のバンドのライブでイントロの16小節とエンディング16小節だけで使ったので、殆ど持っていただけ・・・の感じがします。

昔懐かしいエフェクター・・・と書きましたが、我々世代では涙モンのエフェクターがモデリングされています。それぞれの音の感じを書くことにします。

まずフェイズ90の音ですが、私も実際持っていて使っていましたが本物のフェイズ90の方が音が太かったような気がします。フェイズのうねりも少し上品に感じます。
使っていたのが昔の事なので判断の付かないところですがLine6だと少しばかり中域が細く感じます。

次に我々世代が一番憧れたミュートロンのバイ・フェイズもモデリンングされています。
当時バイ・フェイズは12万円くらいしたエフェクターで、しかもかなりの大きさで持ち運びにも大変だった筈です。
リトナーが常に使っていたり、日本でも高中先生が使っていて確かにいい音がしたエフェクターでしたが上記の通りの理由で私は買いませんでした。
それ系の音は欲しかったので、私が使っていたのはエレクトロハーモニックスのスモールストーンで後にTCから出たフェイザーがあまりにも出来が良くてずっと使っていました。
肝心のバイ・フェイズの音ですが、正直なところ良く分かりません。
自分で持っていなかったですし、まぁこんな感じかな・・・って思います。
ステレオ感は確かに音は使える音です。

次にビックリしたのが楽器レンタルで有名だった、サンリースが出していたトライコーラスが内蔵されていた事です。
当時はこちらも結構な値段(10万以上だったかと思います)のしたコーラスで、ラックタイプだったと思います。
私が使っていたのは同じラックタイプでもディメンションでした。
出た当時は3種類のコーラスが同時に掛かるって事でどんな感じの音なんだろうとビックリした覚えがあります。
モデリングされたトライコーラスは確かにステレオでアウトさせるとこれでもか!ってくらい拡がりのあるリッチなコーラスが掛かります。
分かり易いところでエリック・ジョンソンっぽい感じですかね・・・。
ちょっと深すぎる感のあるコーラスですが、意外に面白い音が出ます。
もうちょっと研究してみようかなと思います。

当然ながらボスのCE-1やMXRのフランジャーも内蔵されています。
ボスの方もMXRの方も私は両方持っていたので懐かしかったです。
CE-1の方はかなり近い感じの音がします。ステレオに振った時の感じがそのままズバリって音ですね。
MXRは正直なところフランジャーよりコーラスを入れて欲しかったです。MXRのフランジャーは中域が強調され過ぎる感じが昔からしたんですが、そんなところも見事にモデリングされちゃってます。
MXRのコーラスの音は好きだったので残念な事です。

その他にもボスから出ていたビブラートもモデリングされていて、これは昔から好きなエフェクターでした。
余談ですが、CE-1に付いていたビブラートを単体で売り出したエフェクターだったんですよね。
早目のテンポの曲で白玉のコード弾きなんかの時に随分お世話になった音なんですよね。
こちらも見事にモデリングされていて、そのままって感じです。

他にもジェットフランジャーやユニバイブやレスリーやリングモジュレーターなんかもモデリングされていて本当に昔懐かしい名前ばかりです。
意外に遊べるのが面白かったりします。

このエフェクターでもやはりメインで使ってしまうのがディメンションの音です。
ディメンションに関しては長年私が愛用していたコーラスで、Line6も見事に当時の音を再現しています。
ちょっとだけですが、音がクリアーになった感じがします。さすがデジタル処理された音ですね。
使うのも昔と同じ2番を使っています。
2番・4番同時押しも当時は喜んで使っていたんですが、さすがLine6はそんな設定も出来ちゃうので本当にビックリしました。

結局色々な音が内蔵されていますが、好きな音に落ち着いてしまうのかディメンションしか使っていない状態です。

基本的に今はそんなにコーラスを使うサウンドは必要無いんですが、せっかくフュージョンっぽい音を出す事になったのでチョット昔を懐かしんで使っています。

Line6自体は簡単にドライ音とエフェクト音をMIXって言うつまみでコントロール出来るのですごく使い勝手がいいです。昔のエフェクターにはそんな調整は出来なかったので凄く役に立つつまみだと思います。
基本的にデジタルエフェクトなので、内部で一度ギターの音をデジタル処理してしまうので出て来るサウンドもアナログっぽさに少し欠けるところがあると思いますがこれだけの懐かしいモジュレーションやコーラスを内蔵している事自体凄い事です。
当時にこれだけのエフェクターを繋げたら原音すら無くなってしまうでしょうね。(値段もとんでもない金額になった筈です)

今時のエフェクターらしくトゥルーバイパスの方式のエフェクターなのでオフにすれば完全にバイパスされる事も優れた点だと思います。ただバイパスさせた音とエフェクトを掛けた時の音量差がチョット気になる点です。

歴史的なエフェクターの音をこの値段で、ここまで再現出来るのは凄い・・・の一言です。
1台のエフェクターでこれだけの音を出せる今の時代のミュージシャンが羨ましく思います。
  1. 2009/03/31(火) 23:27:01|
  2. アンプ・エフェクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

エリクサーの話し。

現役時代に使っていた弦については前に書いたので、今使っている弦について書く事にします。

現役当時一番お気に入りだった弦は“ディーン・マークレー”だった事は前に書きました。
今一番気に入っている・・・と言うかこれから先もずっと使って行くつもりの“エリクサー”について書く事にします。

私の現役当時は、コーティングされた弦なんてのは勿論存在しなくて弦は弾けば錆びるのが当たり前の時代でした。そんな中でもディーン・マークレーは錆びこそしましたが張りたての音の持続が一番良かったんですよね。

それから数十年を経て弦もかなり進化して、コーティング弦なる物が登場して来ました。
その先駆けがエリクサーだったと思います。

ギターを再開してやはり悩んだのは弦だったんですよね。取り敢えず“アーニー・ボール”と“GHS”は昔から好印象の無い弦だったので“ダダリオ”をチョイスしたんです。
ダダリオ自体カールトンが使っているらしかったので、無難かな?と思って使ったんですが楽器店の薦めもあってエリクサーを試してみました。(最初は値段が高いから薦められたと疑心暗鬼でした)

初期のエリクサーはコーティングの度合いが過度で、ヌメヌメ感があったらしいですが私が使い始めた頃はそんな事も無くいい感じのコーティングでした。

ダダリオを問わず数ある弦のメーカーはやはり弦の個体差と言うか当たり外れみたいなのがあって、特に巻き弦が暴れ気味で、酷い時はピッチすら合わせるのが困難な事が何度かありました。
昔もそれで随分悩まされました。ディーン・マークレーはほぼそう言った事はありませんでした。
エリクサーはコーティングされた分だと思いますが、巻き弦に関しては100%に近い位安定していると思います。

錆びない事がエリクサーの売り物みたいに思われがちですが・・・確かに錆びない事は事実です。
が、しかし私が一番エリクサーのメリットだと思っているのはコーティングされた故に巻き弦のタッチと言うか指の当たりが物凄くスムーズで、左手に全くストレスを感じない事なんですよね。

噂ではエリクサー自体はダダリオをコーティングした弦だとの事です。同じ工場で作られた弦を使っている・・・との事ですが真偽の程はわかりません。

張りたての音は確かに物足りないと言うか、張った瞬間からシットリした感触の音なんですよ。(この事がフラット弦を使わずにジャズトーンが出易いんですよね)
それが逆に今の私にはピッタリの感じでちょっと他の弦は使えない感じです。
0.11を使っていますが、単音にもカッティングにも丁度いい感じのテンション感で私の感想では他のメーカーの弦より多少緩く感じます。
テンション感に関しては個人差もあるでしょうが、私の場合セッティングは比較的ローアクションなので一概には言えないと思います。

エリクサーの音自体は多分ロック系の音には似合わないかもしれません。落ち着きのある音なのでドンシャリなサウンドには合わない弦だと思います。
ギブソン系と言うかハムバッキングとは相性のいい弦だと思います。フェンダー系のシングルコイルとはもしかしたら合わない感じの弦かもしれません。

クランチさせたりすると思いのほか上品過ぎる感じもするので好みの分かれるところだと思います。
ただデジタルディレイの返りの音は丁度いい具合のトーンなのが意外な発見でした。
ディレイの返りの音って結構サウンドに影響与えると思うんですよね。

確かにギュイ~~ンって感じの音のしない弦なのでちょっとサスティーン不足に感じる事は多々ありますが、良く考えてみればアコギにしてもフルアコにしても極端なサスティーンのする弦はあまり無いですよね。
0.09や0.10あたりの伸びのある音はチョット出し難い感じです。

逆にナチュラルトーンに関して言えばダダリオよりは遥かにいいと思います。
ピッキングに対しての反応も比較的素直に拾ってくれる弦だと思います。これって意外と気づかない点ですが、ピッキングに合う弦って結構限られちゃうんですよね。
使っているピックやタッチに合った弦ってギタリストそれぞれ絶対にある筈です。

錆びない事で弦交換をサボりがちですが、私の交換の目安は巻き弦の音で判断しています。
巻き弦がちょっとヘタッて来たら交換する事に決めています。
昔から低音弦のヘタッた音は苦手なんですよね。エリクサーの場合ヘタリが極端なのですぐに分かります。

弦だけは個人の好みが一番分かれるところだと思いますが、今のところ全てのギターにエリクサーの0.11を使っているので私の好みに一番合っているのかな?と感じています。
  1. 2009/03/26(木) 22:25:11|
  2. セッティング関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

336の近況報告。

昨年の暮れに入手したCS-336の近況報告です。

友人に誘われて4月と5月にライブをやるバンドのお手伝いをする事になり、2度程リハーサルをやりました。
その時の336と私の画像です。

336.jpg

入手した直後に思っていた感想より336は本当にいいギターだと最近思っています。
レスポールばかり弾いていて、336を最初に弾いた時に戸惑ったのはボディーに対するネックの角度がチョットばかり違和感を感じたのと、テールピースを一番下げて使っているのですが弦とブリッジが干渉してしまいます。

テールピースをかなり上げても角度的な問題なのか、ブリッジに弦が当たってしまうので結局は諦めてテールピースは目一杯下げています。
弦は0.11のエリクサーなんですが、テールピースを上げちゃうとテンションが緩くなってしまって弾き難くなってしまうので現状のまま押し通しています。
余談ですが、個人的にダダリオに比べてエリクサーは若干ですが感覚的にはテンションが弱く感じるんですよね。

細かい所ですが、ストラップがボディーのカッタウェイの部分に当たるのが凄く気になります。ここだけは改良して欲しい部分です。335では有り得ない事ですから。
仕方が無いので、物凄く柔らかい皮のストラップを買ったくらいです。

今年になってからは336ばかり弾いています。
不人気なモデルなのか、使っている人も見掛けませんが本当にいいギターです。不人気なギターに魅かれる性分は昔からなんですが・・・。

3ヵ月程使ってみての感想は、とにかくバランスのいいギターでストレス無く6弦から1弦まで自分の想像した通りの音が出て来ます。
強く弾けば強い音が・・・弱く弾けば弱い音が・・・とにかくピッキングに対して思い通りの音と言うかいい感じなんです。

335で出過ぎてしまう部分、レスポールで出過ぎてしまう部分が見事にバランス良く出るギターです。

トーンを絞った時のジャズトーンもこもらずに、かと言ってギラギラせずにレスポールよりエアー感のある何とも言えない音なんですよ。
お手伝いしているバンドでは、フュージョン系の曲も多いのですがレスポールではちょっとこなせないバッキングなんかも336ではいとも簡単に思った音が出てくれます。

簡単に言うと、重過ぎず・・・軽過ぎず・・・かと言って軟弱な音では無い・・・とにかく全ての音域で使える音って感じです。
特にハイポジションの音はどの弦でも癖のないストレートな発音は特筆すべき点です。

Fホールが良く見るとかなり小さい事に気が付きました。
小振りなボディーに合わせた大きさなんでしょうが、これが意外にいい効果を出しているんだと思います。
Fホールから中を覗くとやはり内部の削り出しが見えます。削り残した所までハッキリ見えます。
レスポールよりひと回り大きいボディーなんですが、厚みがだいぶ薄くなっています。
こんな所にも336の秘密があるような気がします。
想像以上にボディーの厚みが無いんですよね。

ビックリしたのはエフェクトの乗りが思った以上にいい感じです。
ブルースドライバーを通して弾くと、レスポールでは表現出来なかったニュアンスなんかも336では期待以上のニュアンスが出せます。

実は336を買う時にPRSのかなり高価なホローボディーも試してみたんですが、思った程の感触を感じられなくて仕方無しに手にしてみたんですよね。
やはりギター選びは直感も大事なんですかね。
336は後にも先にもこの1本しか弾かないで買いました。PRSは何本も弾いたんですが、残念な結果でした。

今の所いい事ばかりのギターです。
もっと人気が出てもいいような気がしますが・・・残念です。
ストックのままの今の状態でもかなりいいギターなので、今後パーツを変える予定でしたが中々勇気が出ません。
ペグだけは近いうちにロック式の物に交換したいんですが、音に影響が出てしまうのがチョット不安かもしれません。

フロントピックアップもこれ以上無い位のバランスのいい音なので、ちょっと変える勇気が出ません。

何気なく買ったギターなんですが、想像以上にいいギターなので宣伝したくなってしまいました。
336・・・本当にいいので興味のある方は是非試してみて下さい。
3ヶ月間一度も掃除をしていないのでホコリもいい具合になって来た感じです。
  1. 2009/03/24(火) 22:31:57|
  2. ギター本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

レスポール・スタンダードの話し。

音楽(ギター)を再開してゴダンのギターを買ってからギター熱が上がってしまいました。
そんな訳でもうちょっとだけグレードアップしたギターが欲しくなって買ったギターがこれです。

2006年の4月に買ったレスポールのスタンダードです。
現在は手元に無いのでこんな画像しかありません。
ついでにゴダンも一緒に写っていますが、今は2本共が私の手元にはありません。。。

サンバースト&ゴダン


このギターは短命で(数ヶ月でした)私の元から去ってしまいました・・・60年モデルでしたのでネックグリップが薄めでゴールドトップのレスポールを買う時に下取りに出してしまいました。

今思えば中々のレスポールでした。
スタンダードの割には結構なトラ目で音の方も中々のレベルでした。
ピックアップは57クラシックが搭載されていて、比較的甘いトーンでした。
ただ惜しむらくはネックの感触でした・・・スリムテーパーと呼ばれている薄いネックで私が過去に所有していた、どのギターよりも薄っぺたいネックでした。
慣れ・・・と言えばそれまでですが、ギターのネックは太いのがやはり弾き易いと思います。

じゃあなんでそんなギター買ったの?と思われると思いますが、その時はレスポールなら取り敢えず安心かな・・・と思って買ってしまいました。
トップもバリバリではありませんが、奇麗なトラ目が入っていて値段もかなりのお手頃だったのでついつい買ってしまったギターなんです。
随分重たいギターだった事も確かでした、タバコサンバーストを買った時にあまりの重さの差にビックリした位です。

確かに今あるレスポール3本と336に比べると格段に差を感じてしまう事は確かです。
やはりカスタムショップ製とレギュラー品の差なんでしょうか?
そうは思いたくありませんが、値段の差が音に出てしまうんでしょうか?ギタリストとしては永遠の課題ともいえます。
ただ充分に実戦に使う事の出来るレベルには達していたギターだった事は間違いありません。
(今手元にあるギターが良過ぎるのも確かなんですが・・・)

このギターは悲しいかな人前でご披露した事1回もありません。
自宅ギターとして活躍してもらったギターです。

サンバーストのレスポールはもう買う事は無いと思います。
レスポールに関して言えば今ある3本で充分以上ですし、今は336が凄くいいので336を暫くは使っていく予定なので尚更サンバーストを買う事は無いと思います。

暫くレスポールだけでやりくりしていたんですが、336が大当たりだったので今年はレスポールは3本共少し休憩ですね・・・。
  1. 2009/03/23(月) 19:39:18|
  2. ギター本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンプレッサーについて。

70年代初めくらいから海外のミュージシャンがコンプレッサーを使い始めて日本でも70年代半ばには流行し始めたエフェクターでした。

カールトン使用で有名になったMXRのダイナコンプとリトナーのトレードマークとも言えるダン・アームストロングのオレンジスクイーサーが代表的なコンプでした。

マイナーな所では今剛さんが使っていたROSSやグヤトーンのズームボックスなんてのもありましたよね。
グヤトーンのを1度借りて使ったんですが、音はやたらに伸びるんですが、音痩せがひどくて使えませんでした。

当時の流行はストラト系のハーフトーンにはカッティングの時もソロの時もバリバリにコンプを掛けたり、オーバードライブの前にコンプを繋げて伸びのある甘い感じのサウンドが流行っていた時期でした。

当然私も超初期型のダイナコンプとオレンジスクイーサーを持っていて随分お世話になったもんです。
ダイナコンプの方はコンプレッションの調整が効くのが便利で、アウトプットを10、コンプレッションを9時位にするとブースター的な使い方も出来て意外と重宝しました。
ノイズが少ない事も特筆すべき点でした。

オレンジスクイーサーの方も中を開ければコンプレッションの調整が効く小さなつまみがあるんですが、あまり効きが良くなくていつも全開一歩手前で使っていました。
オレンジスクイーサーの場合個体差も結構あったみたいで、とある有名ギタリストと楽器点でお互いのオレンジスクイーサーを弾き比べて双方合意の上交換した事があります。

オレンジスクイーサーは比較的ギターのアタックとかを出せるコンプなので、ハンバッキング系のギターには相性が良かったと思います。

私もストラト系にはダイナコンプ、335にはオレンジスクイーサーで使い分けていました。

ダイナコンプでやはり有名な音って今は亡きロウエル・ジョージの音なんかが代表的だと思います。彼は2台繋げて使っていた・・・なんて話しもあるみたいです。

カールトンの場合、MXRを使っていたとは言え私が聴く限りかなり控え目に掛けていたと思われます。ピッキングニュアンスを大事にしたかったんだと思います。

日本でも鈴木茂さんなんかもかなりストラトにダイナコンプ丸出しの音でのレコーディング音源なんかがかなり残っていますよね。

オレンジスクイーサーは当然リトナーなんでしょうね。初期の頃の彼のカッティングなんかは正にオレンジスクイーサーの音がしています。
名盤のジェントルソウツのダイレクトカッティング盤はほぼ全般オレンジスクイーサーを掛けっぱなしです。

私もエフェクト類をラックタイプに変えた頃からコンプの必要性をあまり感じなくなり、使う事も無くなってしまいました。逆にリミッターを使うようにしました。

やはり70年代を代表するエフェクターだった事は間違いないと思います。

意外と短命で終わった事と、最近あまり使っているギタリストがいない事が少し寂しい感じがします。

そういう私も今はコンプの音はちょっと必要ないかな?なんて考えてしまっています。時代の音と言えばそれまでですが・・・。
  1. 2009/03/21(土) 22:40:44|
  2. アンプ・エフェクター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR