FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

初めて買った外国製ギター

初めて外国製のギターを買ったのは、高校の入学祝いでした。中学生活が終わって高校に入るまでの期間でした。当時そのくらいの年令で外国製のギターを買うなんて事は、とんでもない事でした。我ながら両親に感謝するしかないです(その両親も今は他界してしまいました)。

欲しかったギターは本当はストラトでした。中学生の頃は休みの度に、渋谷の楽器店に通ってはショーケースの中のストラトを眺めては憧れていたものでした。その楽器店に意気揚々とストラトを買いに行ったところ、その頃出たばかりの再生産モデルのレスポールスタンダードがあったのです(75年製)。色はサンバースト。それまではレスポールと云えばミニハムの付いたデラックスばかりでた。ラージハムの付いたスタンダードに目を奪われてしまい、ストラトには見向きもせず衝動的にレスポールを買ってしまいました。

今は偶然にもレスポールしか持っていませんが、最初に買った外国製ギターがレスポールだったのは何かの赤い糸かもしれません。

そのギターは高校時代に弾きまくりました。ギブソンを買って良かった事は、ちゃんと弾かないとギターが本来の音を出さないと云うこと。高校時代に練習したピッキングやらフィンガリングが今の私の基礎になっている事は間違えありません。それもレスポールを弾き込んだお陰だと、あのギターには今でも感謝しています。

高校の3年間はやれる練習は何でもした記憶があります。高校卒業前にプロとしてのスタートをきれたのは、レスポールのお陰です。そのギターはプロになって暫くは所有していましたが、他のギターに買い換える為に下取りに出されて行きました。

どこかで誰かに今でも弾いてもらっていると信じています。超初期の再生産スタンダードですから、今ではお値打ちなギターですね。
  1. 2008/01/24(木) 22:27:01|
  2. ギター本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブに向けて

話しは昔話しから一気に2007年の話しになります。

現役を退いてからは楽器にはなるべく触らないようにしていた自分が、どうしても欲しいギターが目に留まってしまい衝動的にギターを買ったのは2年前の事。買ってしまえば元のもくあみです。それからは自宅で好きな曲を弾いたりしてました。いくら弾いても結局は自己満足の世界。これはイカンと弾ける場所を探し始めたのが2006年の終わり頃。

私の若い頃にはライブハウスでアマチュアセッションなんてものは存在してなかったと思います。ところがナント現在はそういうお店が至る所に存在していて、浦島太郎のような気分でした。ネットで調べて自分が行けそうな範囲のお店を調べて、意を決してお店に電話したのが去年の1月。

私の考えていたセッションって凄腕の人達が、腕前を披露する場所だとばかり思っていました。したがってセッションに行く前はメチャメチャ練習してから行きました。行ってみたところ、セッションって色々な人が来る場所でした。上手い人・それなりの人・楽しみたいだけの人・等々。

そんな中で、気楽に音楽に接している人達から随分影響を受けました。現役時代は競争の中で音楽をやっていたので、こういう音楽との接し方もアリだなと痛感しました。半年近くセッションに顔を出すうちに知り合いも増え、いつのまにか常連と呼ばれるようになりました。

そんな時にいつも弾きに行く店から「ジャズセッションのホストをやってくれないか」と、思いがけないお誘いを受けました。そこからはジャズやらブルースやらロックやら色々な活動を始めました。やはりギターを弾く事は楽しいと心から思えるようになりました。

そんな私もついに自分のバンドでライブをやる事になりました。今まで色々な人のバンドを拝見したり、手伝いでバンドに参加したりして、自分でもやってみようと言う気になったのが2007年の12月でした。

今一番やりたい音楽は何?と聞かれれば、やはり今はジャズが弾きたいと思います。そんな訳で、2008年はジャズライブを中心に活動して行ければ良いかなというのが目標。

昔は制約の多かった中でのストレスが溜まる音楽活動も嫌という程経験しました。この年になってあと何年まともなギターが弾けるかは自分でも分かりませんが、好きな事を好きなように弾ける今は昔より幸せかも。
  1. 2008/01/21(月) 23:39:00|
  2. 自分の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

初めて買ったエレキギター

初めてエレキ・ギターを買ったのが、中学1年生の時。国産の超安物のモーリスのSGモデルでした。フォークギターから持ち替えて一番驚いた事は、ボディーが小さい、弦が細い、極めつけはアンプがないと音が出ない。

エレキギターを買うきっかけは、やはりお決まりの「パープル」「ツェッペリン」のレコードを聴いてから、自分のやりたい音楽って「これだ!」と心に誓ったからです。

中学校の3年間はほぼロック少年。当時お決まりの曲は全て練習しました。音楽の情報も、手に入るものは全て手に入れメキメキと上達したのがこの時期でした。最初に買ったエレキギターでは物足りなくなります。

当時出来たばかりのフェルナンデスから発売されたストラトの完コピーモデルを買う事になりました。メイプルネックにナチュラルボディーでカリフォルニアジャムでリッチーが使っていたのと同じ色でした。当然アンプも買いました。フェンダーにそっくりなロイヤルと云うメーカーのアンプでした。

このギターは本当に弾き倒しました。このストラトも高校の時にはバラバラに分解され、友達にラッカーで色まで塗られ、キーボードの友人に引き取られて行きました。5・6年後にまだその友人が所有していてくれて感動物でした。
  1. 2008/01/13(日) 00:25:53|
  2. ギター本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音楽への入口と出口

私がギターを弾き始めたのが小学校5年生。たまたまギターだっただけの話しですが、そこが音楽への入口でした。

誰でもそうだと思うけれど、音楽の入口って簡単に入れるんですよね。ただそれがどうやって続けて行く事が出来るかで、その先にある出口って色々な形があると思うんです。
私のように一度演奏活動を辞めてしまう事も出口のひとつでしょう。辞めずに一生続けて行くミュージシャンもいる事でしょう。

ただ一度音楽への入口に入った人ってやっぱり出口を出ても、音楽を切り離した生活って出来ないんだと思います。だからこそ素晴らしいものなんだと思います。一度出口を出てしまった私も、10数年振りにギターを手にしたとたんタイムスリップしたかのように入口に足を踏み入れてしまいました。

そんな私の感想は、音楽を続けて行く事って難しい事なんですよ。特に自分の納得の行く音楽を追求し始めたら、本当に辛い道のりなんですよね。楽しければいいみたいな人もいるでしょうが、それはそれでその人の音楽観として素晴らしい事だと思います。

苦労や辛い思いを重ねた音楽ってやっぱり人に伝わるものとかが違うように思います。10代の頃は自分を高める事に精一杯で、20代になって音楽業界の中で自分の地位を高める為に必死で練習したものです。競争の中でギターを弾いて来ました。そんな私も今は40代後半です。今もギターを持つとやはり昔のままの気持です。今は自分の本当にやりたい事を好きな時に出来る事が、幸せかもしれまん。

これで2度目の出口は遠く先に行ってしまいました。
  1. 2008/01/12(土) 23:58:19|
  2. 自分の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

このブログを始めてみて

ブログを始めてみて気がついた事があります。

日記という言葉は昔は《日記帳》に一年間書くぞ!と決めて3日で断念するもんだと思っていました又《交換日記》みたいな微笑ましい言葉もありました。

私はそういった物に一切縁が無く、そういえば日記を書くって事が無かったような気がします。本来の日記とは意味が違うと思いますが、青春時代を殆ど音楽に費やした大事な時間を振り返るという意味で日記にしようと思い始めました。

鮮明に覚えている事もあればうろ覚えな事も含め、今書けるうちに日々書き溜めておこうかなと思います。
  1. 2008/01/11(金) 22:33:56|
  2. 自分の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR