FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

ポール・ジャクソン・ジュニアのレコーディング。おまけ付き

LAでは既に大物セッションマンとして70年代から活躍して来たポール・ジャクソン・ジュニア。私も好きなギタリストです。レコーディングでは確かにギターソロが曲のイメージを決める位の大きなウエイトをしめています。しかしギターソロだけで曲は完成されません。ギタリストは3つの側面を持っています。ソリスト・バッキング・アレンジャーとかなりの重労働です。アレンジャーと書いたのは、自分のプレイをアンサンブルや譜面を読み解いてアレンジ出来ないと、レコーディングやセッションの現場ではお手上げです。私も痛いほどその点では経験させられました。

今回は私達とは違う現代のレコーディング風景を紹介しますが、時代は変わっても弾くギターには何も変わりはないです。アレンジされた譜面をどう解釈して、その曲に的確なギターを弾くことには何も変わりません。Pro Tools が普及してからはレコーディングの様子は激変しましたが、だからと言ってギターを弾く行為に何も変わりはないと思います。

まずは動画を2種類ご覧になって下さい。ブライアン・カルバートソンの曲のレコーデイングです。本人がアレンジとエンジニアリングを兼ねているのも面白いですね。





ポール・ジャクソン・ジュニアの自身のペダル・ボードからKemperを通してラインでレコーデイングしているのが分かります。近年の彼はギターに関してはPRSとライセンス契約をしていて、使うギターはPRSがメインです。Kemperは凄く評判が良いみたいですね。

最初の動画ではまずは派手なストラップの自慢話から入ります(笑)。譜面のままのコードを弾いていますが、少しだけ見える譜面は私でも初見で弾けるレベルの簡単な譜面です。途中でストップがかかります。パンチインでそこは簡単にクリアーしています。さすがはカッティングとヴォイシングはさすがのプレイですね。途中でブライアンが「タイトな感じだ」とか「ほぼ終わりだから」余計な事を言っていますが、ミキシングルームならではの、レコーディングだと思います。OKテイクが出てからの会話が面白いです。自分のギターはメイプルネックだから音がどうだとかKemperの音を自慢している辺りは真面目に音に向き合うスタジオミュージシャンならではですね。

私の時代はミキシングルームで弾くのはキーボードの方くらいでギターは稀な事でした。布袋君の山下久美子さんのレコーディングを見学させて頂いた時は、彼はスタジオの中で背中を丸めて、後ろ向きで出だしのフレーズに悩んでいた様子ですね。結局はボウイ時代の得意のフレーズのソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファに落ち着きましたね。当時の彼はその流れのソロが多かったかなと思います。

関係ない話になりましたが、最初の動画は恐らくカッティングに関してはOKテイクだと思います。会話でもそんな話でした。問題は2つ目の動画の方です。アルペジオのヴォイシングでブライアンの方からNGを喰らっています。ポール・ジャクソン・ジュニアも少し悩んでいる様子ですし、多少の言い訳もしています。NGに関してはブライアンの言い分はラストのバースでキーボードとぶつかる音が聴こえると言っていますね。その部分をポール・ジャクソン・ジュニアは色々なパターンを考えて、最終的には短時間で完璧なヴォイシングで弾いていますね。さすがトップランクのミュージシャンですね。私が簡単に見た限りでは分数コードだらけですね。結構レアなF分のCを弾いていましたね。その辺の対応力は一流の証だと思います。

別の動画も見て下さい。スティービー・ワンダーのバンドのベーシストでバンマスのネイザン・ワッツのプレイです。さすが余裕しゃくしゃくの演奏ですが、後ろの方でちゃちゃを入れるレイ・パーカー・ジュニアが面白いですね。



レコーディングの現場ではこんな感じで進行して行きます。昔の時代みたいにチャンネルが足りなくて・・・なんて事はないのでミュージシャン側もいい環境でレコーディングしているのが、羨ましい限りです。
  1. 2018/06/02(土) 21:55:26|
  2. ギター練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

完璧なシャッフル

何年か前に見つけたライブ動画です。曲はイエロー・ジャケッツのアルバムに収められている、キーボードのラッセル・フェランテ作曲の「Revelation」日本語訳なら「啓示」ですかね。。。ちなみにキーボードのネクタイを締めている方がラッセル・フェランテです。

イエロー・ジャケッツ自体は何度もメンバーチェンジを繰り返すバンドですが、結成当時はロベン・フォードとラッセル・フェランテそしてサウスポー・ベーシストのジミー・ハスリップが中心になっていました。私はファースト・アルバムはリアルタイムで聴いてテクニカルなフュージョンバンドでビックリした方です。ベースのジミー・ハスリップを中心とした編成のバンドでオリジナル・メンバーでずっと在籍しているのは彼だけだと思います。ジミー・ハスリップはサウスポーですが弦はスタンダードな右利き用でプレイしているのが驚きですね。よく弾けるもんだと感心します。

動画は年代的にはロベン・フォードがフェンダーの謎のギター「エスプリ」を弾いているので85年以降だと思います。その時点でロベンはバンドからは脱退していたハズです。私の記憶では当初はフェンダー・ジャパン(当時はフジゲン製)が作ったギターだと思います。最終的にはフェンダー・カスタムショップのベイカーが独立してベイカー・ギターとして売られていました。

「エスプリ」についてはこちらを参考にして見て下さい。
http://guitarmaniacs.hatenablog.com/entry/2015/01/10/172127

どこのライブかは分かりませんが、とにかくメンツが凄い。年代的に考えて「24丁目バンド」は既に解散していた時期だと思いますが、ベースはウィル・リーでピーター・アースキンの後釜でウェザー・リポートに加入したパーカッションとドラムのどっちが本業か分からない不思議なドラマーのアレックス・アッカーニャのリズム隊です。そこにイエロージャケッツ脱退後のロベン・フォードとラッセル・フェランテが参加しています。サックスともう一人のキーボードの方は顔を見ても名前が分かりません。

聴いて欲しいのは4つ打ちの当たり前のシャッフルのグルーブ感です。ちょとマネの出来ないシャッフルのノリです。このノリがシャフルだと言い切っても良いかも知れません。元々がルーズなイメージの付きまとうビートですが・・・それは昔の歴史的な背景があって3連の解釈が黒人のブルースが発祥の時と現代は違うサウンドに変化しています。ブルースを演奏する方にには申し訳ないですが、時代と共に変化して来たのは仕方がないと思います。別の見方をすればブルーズ、特に黒人ミュージシャンのシャッフルはマネの出来ないノリなのかも知れません。

私が凄いと思うのはとにかくベースのウィル・リーのノリですね。ドラムは基本的なシンプル極みないビートですが、ギターソロに入ってからのベースのグルーブ・・・ハンパないですね。「エスプリ」を弾いている時点でロベンは既にフュージョンからブルースへの転換期なはずですし、そのロベンのブルース魂に火をつけた感じのグルーブです。

ベースの的確な3連のノリはバンド全体のグルーブを確実に前・前に乗せています。この感覚は一緒に演奏すると分かりやすいです。前に向かうビートは言葉で説明したりでは中々伝わりにくいです。この動画の音を肌で感じる事が大切だと思います。一番は一緒にプレイする事です。よく言われる「Rolling」とか「Keep a roll」は回転する感じだと・・・若い時に相当上手いドラマーから教わりました。円を回転する感覚です。回転するリズムキープは止まりどころがないです。それはシャッフルのノリに限らず全てのビートに当てハマります。前へ前へ円を描く感覚は身に付けて損はないと思います。

一時期は「24丁目バンド」のドラマーのスティーブ・ジョーダンの叩くシャッフル・ビートが世間で話題で、同じNYの大先輩ドラマーで名前も同じスティーブ・ガッドよりシャッフルは良いと言われていました。名盤「ナイトフライト」でノリにはうるさいドナルド・フェイゲンのご指名でLAまでシャッフル曲、一曲の為に出向いたくらいです。確か「This is Groove」と云う題名の教則ビデオも出していました。

そのバンドにいたウィル・リーのシャッフルも凄いです。個人的にはこのバンドのシャッフルは完璧だと思います。一言で「ノリ」と言うのは簡単ですが、演奏でそれを人に感じさせるのは簡単ではありません。ロベン・フォードの弾き方もグルーブしています。音の切り方でリズムを取る感覚。この感覚もギタリストは是非聴いて頂きたいです。ワンフレーズもマッタリとしたフレーズは出て来ません。参考になる弾き方だと思います。得意のコンディミの下降フレーズも連発しています。

グルーブは練習です。私もこの手のグルーブは相当に練習はしましたが、このメンバーのグルーブは遥かに上のレベルです。完璧だと思います。

  1. 2018/06/02(土) 06:37:53|
  2. ギター練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギタリストと読譜力・実践編

過去に何度もギタリストにとって、いかに譜面を読むかを記事にしてきました。今回もの凄く良い題材があったので取り上げたいと思います。

誰でもが知っているスティービー・ワンダーの名曲「Lately」の譜面がYouTubeにあったので教材にしたいと思います。ベースパートのコピー譜です。今回はまず初見でコードネームを追いかけられるかチャレンジしてみて下さい。ちなみに私は初見で弾けました。分数コードもその通りに弾けました。

アメリカ仕様のコードネームなのでm7とかの書き方が違いますが・・・その点は了解下さい。このコード進行を初見で弾ければ他の曲は楽に行けると思います。コードを追いかけてみて下さい。テンポはスローなので楽な部類だと思います。

ちなみにコードが違うところも弾いてみて分かりました。D7が実はD9だったり、Dmaj9とD6の9Thの2小節続くところはB♭分のA♭からスタートが正解です。

とにかく誰でも一度は聴いた事のある曲だと思いますので、実践的な初見の練習には最適だと思います。テンポに乗り遅れない事と次の小節のコードを先読みすれば必ずいけます。コードは流すだけで十分ですので、是非練習してみて下さい。

ついでにライブ動画もアップしておきます・・・途中ベースのミスタッチ(2:05です)があってベースのネイザン・ワッツが慌てているのが面白いですね。凄いのは女性ドラマーの腕前ですね。曲の最後に向かう時のグルーブとオカズは素晴らしいです。バンド的にはこのテンポの3連は合わせにくいですが、さすがにこれだけ腕前のミュージシャンは違いますね完璧です。さすがスティービー・ワンダーのバンド・メンバーですね。

プロの現場ではこのくらいの譜面は平気で出て来ますので初見の練習には最適だと思います。



  1. 2018/01/15(月) 05:25:51|
  2. ギター練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギタリストと読譜力・初見編 Ⅳ

今回は総合的な初見の事に関して書こうかなと思います。

現場でギタリストに渡される譜面には色々なパターンがあります。基本はメロディーがあればメロが書かれています(メロの部分にはコードネームがないのが殆どです)。

後はバッキング・パートになりますがコードネームは当然書かれています。バッキングに関しては指定されたリズムの刻みが書かれている事の方が多いですね。

レコーディングの場合はコードネームだけで、何も書かれていない事の方が多いです。特に歌中はそんな事が多いです。アンサンブルを聴きながら自分なりの刻みをする事になります。その場合はWith Feeling なんて書かれている事があります。早い話がバッキングのパターンは自分で考えろと云う事ですね。但しブレイクや他と同じリズムを弾く時は指定されています。

私は劇伴やCMのレコーディングでは作曲家・編曲家で有名だった、神津善行さんの仕事を数多くさせて頂きましたがギターのバッキングは、ほぼコードネームしか書かれていませんでした。一度16ビート物でレイ・パーカー・ジュニアみたいな感じのカッティングをしたら、どうやって弾いているのか聞かれました。あまりギターには詳しくなかった方だったのかも知れませんね。その曲はテイク2でOKが出ました。その時のCMは車のCMでしたが放送を聴いたら、やたらとギターのカッティングが大きめな音で入っていて嬉しかった覚えがあります。

ちなみに当時のCM録音は15秒バージョンとか30秒バージョンとかがあって、同じ曲を2回アレンジで長さを変えて録音していました。モニターがあってCMの画像も同時に流れている事も多々ありました。本格的なレコーディングとは違って全部の楽器は同時録音でしたね。一発撮りなので後からのダビングは無いのでプレッシャーは大きかったです。ただ曲が短いので譜面に関しては1ページも埋まらないので譜面を読むのは楽でした。

CMの録音は2時間が定番でした。早く終る事も多かったですが、2時間分のギャラはちゃんと貰っていました。その後は時代流れと共にCMからヒット曲が出る様になるので、歌手の方のオリジナル曲が流れる様になってCM録音は減って行く傾向になりました。

それでは譜面を渡されたらどうするのか?戸惑いますよね。私も最初はそうでしたから。まずは何は無くてもメロディーの確認からします。殆どがメロディーはソロ部分なので一人で弾く訳ですから、誰も助けてはくれません。なのでメロディー部分を先に確認します。何故ならバッキング・パートは最悪弾かなくても曲は進んで行きますから。

下手にバッキングのコードを間違えたり、リズムがズレるくらいなら弾かない方が他のミュージシャンには迷惑がかかりません。なのでメロディー部分がまずは最優先です。私はそうして来ましたし、慣れるまではその方が良いと思います。

曲の中でソロパートを間違えたり、弾かないのが一番最悪なのです。曲が止まりますし、最悪怒鳴られます。なので譜面を見たら、メロディーの確認から入りましょう。バッキングは後回しで良いのです。

私は高校3年でプロデビューしましたが、いきなり全部初見で弾けた訳ではありません。数ヶ月は苦労の連続でした。すぐに慣れた方だとは思いますが、最初の苦労はハンパでは無かったですよ。そんな私がやっって来た方法が、今回の記事に書いた初見での対応でした。

慣れてしまえばですが、譜面を渡されて1分も見れば対応出来る様にはなります。現場ではリトナーの「キャプテン・フィンガーズ」みたいな譜面はまず出て来ません。落ち着いて読めば良いと思いす。

一度だけ「スペイン」並のユニゾンのあるインストの譜面を渡されて初見で弾かされましたが、既に慣れていたので何とか弾けました。そんな事はまれな事なので、歌伴に関しては慣れてさえすれば必ず初見で弾けます。

慣れるイコール数をこなす事です。何度も間違えるのは誰しも同じです。怒られもします。そんな事を経験して初見で弾けるようになるのだと思います。譜面を怖がるのが一番良くありません。自信を持って譜面を読むのが近道だと思いますよ。

現役時代に一つのエピソードがあります。ちょっと怖い話です。私が20才位の時です。あるリハーサルの時でした。ベーシストが経験が浅くて、リズムは悪い・初見はミスるの連続でした。かなり上手いドラマーが怒ってベースアンプの電源を切ってしまいました。そんな事も私は現場で見てきました。ベーシストは途方に暮れていましたが、音は出なくても頑張って弾いていました。それがプロなのです。その後すぐに残念な事ですが、ベーシストは差し替えられました。

現場では弾けて当たり前・譜面は読めて当たり前・リズムは良くて当たり前だと思われます・・・当然ギターの音も良くて当たり前だと思われます。だからこそお金を貰っているのですから。プロとしてギャラが発生するのですから、頼む方はそれが当然だと思って仕事を与えてくれる訳です。

一発のミスで次からの仕事が来なくなる世界です。一流ミュージシャンはやはりその辺が違いますね。売れているミュージシャンはやはりミスもまず無いし、出す音も違っていました。厳しい世界ですがプロの現場ってそんな感じでしたね。

譜面の話から横道にそれましたが、初見に自信が持てる様になると気持ち的に余裕が生まれるので、出て来る音も必ず良い方向へ行くと思います。

私が見てきた一流と呼ばれるミュージシャンには常に余裕が感じられましたね。そのレベルには最後まで私は追いつく事が出来なかったです。
  1. 2017/10/12(木) 21:43:01|
  2. ギター練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギタリストと読譜力・初見編Ⅲ

今回もまた読譜力に関してメロディー編を書きたいと思います。

私はどの程度の初見力があるか?自分でも分からないですがパーカーの「Donna Lee」を初見で読めと言われたら無理です。スタンダード本に載っている簡単なメロディーなら殆ど初見で行けると思います。勿論メロディーだけならの話ですが、コード弾きも簡単なのなら行けます。メロディーを読んでその音をトップに持って来るくらいならコードでも行けます。

初見の例題として今回はスタンダードの「枯葉」をチョイスしてみました。私の持っている通称・黒本を見ながら進めて行こうかと思います。

まず最初キーの確認です。♭が2つ付いていますね。キーはB♭かGmです。この曲はGmの曲ですがコード進行を見ると頭の4小節は明らかにB♭の感じです。スタンダードにはよくある進行です。今回はコードの事よりメロディーの読み方に付いて説明します。

とにかく意識しなくてはならないのはBとEは♭が付くことを頭に入れて下さい。私は移動ドでは譜面は読めません。常に固定ドで読んでいます。ですから、どの音にシャープが付いているかフラットが付いているかは確認しています。移動ドで読むのはクラシックの勉強をしていないと、凄く難しいと思います。

ざっと譜面を見ると8分音符が一つも出てきません。一番短い譜割りは4分音符です。とても読みやすいと思います。頭の3音がピックアップ・フレーズになりますね。そこからメロディーに続く訳です。
最初にG・A・B♭の3音がピックアップ・フレーズです。全部4分音符なので簡単だと思います。この時のポジショニングで先の音の弾き易さが違ってしまいます。

最初のGは4弦スタートで良いと思います。そこからは御自身の自由な弦で弾けば良いとは思いますが、通常は次のA・B♭も4弦のままだと弾きやすいと思います。フレーズ的にB♭は小指で押さえると思います・・・なので次のE♭の音は当然薬指が一番運指し易いと思います。ここ迄の4音は初見の苦手な方でも少し慣れれば簡単に弾けるはずです。

この先が初見で弾く時のコツみたいなモノです。
4つ目の音E♭は5拍ですよね。その間音を切らない間に次の3音を読むのです。E♭は5拍と書きましたが、2小節目の頭で切っても全然構いません。その方がリズムも取りやすいし、ダラ~ンとした演奏にならないと思います。

とにかくE♭音を1小節伸ばしている時には、次の3音とその次の4音目を確認します。その調子で5小節目迄弾きます。問題は6小節目の臨時記号にあります。Eの音が♭ではなくナチュラルになっています。そして次がFに#が付いています。その二つが5小節目弾いている時に読めれば、初見は簡単に行けるはずです。先を読むいい例が「枯葉」の中にはあります。

①「 ②「 まで進めれば後は簡単です。サビには臨時記号は一つだけです。ゆっくりで良いと思います。とにかくイン・テンポを意識して今が何拍目なのかを意識してテーマが弾ければ、初見に大きく近づくはずです。前回も書きましたが、1小節内は2拍単位で読んだりするとテンポキープがしやすいと思います。

今回は「枯葉」でしたが「All of me」なんかも練習になると思います。キーはCですし臨時記号も少し出てきます。そして3・4拍目に2拍3連のフレーズが何度も出てきます。練習してみて下さい。

とにかくテンポはゆっくりで構いません。その代わりイン・テンポだけは意識して下さい。
イン・テンポで弾けないのは初見ではないのです。
  1. 2017/09/19(火) 16:24:50|
  2. ギター練習
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR