FC2ブログ

Guitar room & Music world

お気楽なギターの話とetc.

マイ・ブーム

私の青春時代とはいいませんが、バブル期の不朽の名作映画「私をスキーに連れてって」が、公開から30年を過ぎました。何度見てもいい映画です。主演の原田知世さんは当時19才でした。本当に可愛らしかったですね・・・。「バーン」のシーンは初めとラストシーンで出ますが、凄く有名なシーンでした。

「バーン」といってもパープルの曲と何も関係は無いですので、あしからず。。。

まずはYoutubeで全編アップされていますので、暇な時にでも見て下さい。



登場人物のいつも集まる「ゼファー・イン」は昔から私通っていて。映画で見て驚きました。場所は代ゼミの裏でしたね。懐かしいです。

印象深いのはやはりユーミンの曲もそうですが・・・セリカのGT Four ですね。この映画はこの車なしでは語れませんね。
素晴らしいブログ見つけました。この映画に関して本当に詳しくそして愛情たっぷりのブロクですので、是非見てみて下さい。以上私のマイ・ブームでした。


  1. 2018/07/05(木) 04:10:37|
  2. 自分の話
  3. | コメント:2

長野旅行

AKISSHさんの旅行記は素晴らしいので、私の長野へ行った話は少々お恥ずかしい話ですが・・・。癒やされた小旅行でしたので、読んでみて下さい。

長野に住む友人から「一人なら暇だろ?遊びに来いよ」と訳の分からない事を言われましたが軽井沢以外プライベートで、長野へ行った事がないので行っって来ました。一人で往復運転は厳しいので、映像関係の仕事で最近は暇でボヤいている悪友を誘いました。車は私が出すので、6/26日の深夜に出発した往路は彼の運転。帰りの27日朝の復路は私が運転しました。車はこいつです。若い女性のセールストークで購入しました(笑)。

ブログ アクア

5.jpg
2.jpg
3.jpg
1.jpg

何もないところですが自然は素晴らしかったです。下手くそな写真は勘弁下さい。食事場所は近所の鮨屋でしたが余りに美味しいので2回行きました。誘って頂いたご家族と夕飯に行ったのが、本当に楽しかったです。一番近い駅でも写真を取ってきました。こいつです。

8.jpg
10.jpg
7.jpg
6.jpg

なんだか帰りに大量の野沢菜を頂きありがたかったです。時間に追われた小旅行でしたが何か癒やされました。もはやギターブログではない感じがします。7月は2回ジャズ・セッションへ行って来ます。都内なのでレベルが高いので緊張しています。ストラトで行くと思います。他の方から「何だこいつは・・・」と思わせる狙いです(笑)。少し練習しないと。
  1. 2018/06/29(金) 06:51:32|
  2. 自分の話
  3. | コメント:4

一人暮らしも楽しいです

先日からAmazonを頻繁に利用する私です。離婚直後は何も持たず、一人暮らしを始めました。
約30年の結婚生活の中で荷物は山の様になっていました。当初は離婚前提で別居を始めた時は、PCとギターくらいしか持っていなかった覚えがありますね。一人暮らしの寂しさに輪をかけた感覚でした。

困ったのは食事ですね。自炊は全くしたことがなかった私でした。当初は歩いて行けるガストとステーキガストがメインの食事場所でした。ほとんど毎日通っていました。後は駅前のホットモットでのお弁当生活でした。個人的にはコンビニはタバコ以外は買いに行かないからです。買い物はほぼAmazonを利用しています。自炊道具も全てAmazonで揃えたくらいです。ただ野菜・肉は千葉では有名なベイシアと云うスーパーまで行きます。最近では何が安いかとか、安売りは何かとか分かる様になりました。

一番最近の買い物は組み立て家具です。画像のやつです。コーヒーカップ(どうもお高いロイヤル・コペンハーゲンもあるみたいです)はかみさんが集めていたものを、分け合いました。もちろんぬいぐるみもです。隣町に住む花屋を経営していた妹が、たまに来て花を飾っていってくれるのが、癒やされます。

こんな物に囲まれている自分もどうかと思いますが?私個人は気分が良い感じです。若い時には考えられない生活です。自炊も少しですが出来る様になった自分が不思議です。外食がまだメインですが。孤独のグルメの感じも分かりますね。外食帰りは最近行きつけの、若いご夫婦の経営する小さな居酒屋さんで、一人飲みが楽しい時間ですね。おかげでギターはサッパリですね。少し落ち着いたら弾きたいと思います。最近の生活ですが、一人も良いところありますね。

PCはレイアウトを変更しました。今日またAmazonでPCスピーカーが到着予定です。値段はそこそこですが、音楽を聴くのが一番の楽しみなので。Facebookに投稿しています。よかったら見て下さい(本名・学校名・年令バレバレですが・・・今更隠す事もないので)。

Room-1


  1. 2018/06/23(土) 01:22:06|
  2. 自分の話
  3. | コメント:2

ミュージシャン時代の服装

ミュージシャン時代の記事は本当に久し振りです。

私がミュージシャンとして活動していた時期は、世の中は今や完全に死語であるDCブランドの波が一気に押し寄せてきた時代でした。それまでアマチュアの時はスニーカーにジーンズばかりでしたが、人目にさらされるミュージシャン時代は、そんな訳にも行かなく仕方なしに服装には気を付けていました。後はヘアースタイルでしたね。ギタリストとして活動を始めた高3の時にはカーリーヘアスタイルでした。ルカサーの真似ですね。幸か不幸か我が高校は私立にも係わらず、ヘアースタイルは自由でした。私立の男子校では相当にレアな校風だったと思います。

DCブランドで最初に流行ったのが、菊池武夫さんの「メンズ・ビギ」でした。私も何枚かシャツやセーターは購入しました。何でこんなにお高いのか不思議でしたが流行に弱い私ですから、流されるままでした。ジーンズ系ではリーバイスとかはリーは当時はNGで、人気があったのが青山のベルコモンズの裏手にあった「クローズド」のジーンズでした。私も何本か履いていました。

その後は「コム・デ・ギャルソン」が気に入って何から何まで、そこの服ばかり着ていました。表参道のフロムファーストの手前の路面店が行きつけでした。当時は年中、黒ずくめの服装でしたね。「コム・デ・ギャルソン」で使ったお金はギター何本か買える位だと思います。一度テレビで私が着ていて一番気に入っていたペイズリー柄のシャツを間寛平さんが着ていて、ショックでした(笑)。これがそのシャツです。

コム・デ・ギャルソン


















とにかくスーツから何まで「コム・デ・ギャルソン」オンリーでした。その後その店舗の斜め向かいに「エンポリオ・アルマーニ」の路面店が出来ました。本家の六本木に当時は本店のあった「アルマーニ」はとてもでは無いですが手が出ません。「エンポリオ・アルマーニ」はその点ではカジュアルさもあるし、値段的にはかなりリーズナブルなので通っては気に入った服は買っていました。

そして私が一番高いブランドで買っていたのは、これも表参道のフロムファーストのビル内にある「イッセイ・ミヤケ」でした。冬のコートで革製品ではないコートが20万でした。そのコートはどうしても欲しくて買ってしまいいました。余談ですがマイルス・デイビスは「イッセイ・ミヤケ」以外は着ない方だったと思います。

「コム・デ・ギャルソン」で最後に買った服は、麻の黒いスーツでした。それはミュージシャンを辞めた後でしたが有楽町のプランタンで買いました。今も大切に持っています。体型はほとんど変わらないので今でも着れますが、元のかみさんの住むマンションのクローゼット収納にあるはずです。500枚以上あるCDも元の家に置いて来ました。絶対に売らない事を約束はしてあります。

その後は「Run D.M.C」がエアロスミスの「Walk This Way」をラップでカバーさせて大ヒットさせてからは、そっち系統の服装にのめり込みます。すでにロングヘアーにしていたので(胸まで伸びていました)「Run D.M.C」のトレードマークのアディダスのシューズを紐なしではいて、上下はアディダスのジャージでした。当初は街ですれ違う方は、明らかに避けていました。

「Run D.M.C」の所属していたレーベル「デフ・ジャム・レコーディング」のジャンパーを手に入れた時は感動でした。値段もプレミアが付いていて言えない位の値段でした。

その後はストレート・ロングの髪にパーマを2回連続で掛けてガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュのヘアースタイルを続けていました。しかし子供に泣く泣く頼まれて髪は切りました。私はずっと、あるアーティストのヘアーメイクの方の青山の美容室へ通っていましたが担当の方に「一気に短くするのは良くない」と訳の分からない言い分で、2回で人並みの長さにした覚えがあります。

ちなみに木村拓哉さんとか江口洋介さん達がロン毛の元祖みたいにいわれますが、ミュージシャンは先取りしてしていて、私もそれ以前からロングにしていましたし、「東京少年」と云うバンドのギタリストは当時腰までのロングで驚きました。

服装もミュージシャン時代の後半はディナーショーのブームみたいなのがあって、おとなし目の「コム・デ・ギャルソン」に戻しました。時計はそれほどの興味はなかったですが、フォーマルな服装の時には革ベルトのオメガでカジュアルとか普段遣いではタグ・ホイヤーでした。時計は2つしか持っていなかったです。

80年後半にニセ・シャネルのTシャツが流行って、ミュージシャン仲間の女性は「Cannel No.5」を着ていましたね。本物は白しかないのに、偽物は黒とかあって以外に格好いい感じでした。

今はさすがに楽な服装が良いです。今はエディー・バウアーとかファーストダウンとか気にせず着られる服ばかりです。一時は「ディーゼル」とか「クロムハーツ」とか興味はありましたが、年令を考えると合わないかなと思って、手出しはしませんでした。部屋着は100%ユニクロかイオンですね。

そんな感じでミュージシャン時代の服装にも時代の流れとか、T.P.Oに合わせて服装は決めていました。懐かしい思い出です。
  1. 2018/06/04(月) 01:37:16|
  2. 自分の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の私の事情

最近昔からのブロブ仲間の方に「しばらくは更新出来ない」と宣伝の様に書きました事。この場をお借りしてお詫び致します。何かと色々な事情が重なっていてしまい、精神的・生活面が激変した事でブログを続けて行くのが厳しいかなと思いっていたのですが・・・。今はそれも徐々に良い方向へと向かいつつあります。ただ一点だけどしても解決出来ない問題があるのも事実です。長年連れ合いとして生活を共にしてきた、かみさんと離婚をした事です。一年以上前の話です。世間で云うところの熟年離婚です。離婚前は相当に話し合いをして、お互いが最終的に納得して出た結論です。復縁は120%ない話です。
離婚直後は月に何度か食事をしたりしていましたが、それも数ヶ月で自然消滅しました。今は電話連絡もしていない状況です。辛いのは私だけではありません。彼女の方がもっと辛い選択を決断したのは事実ですし、今も辛い生活をしているはずです。

最近偶然知り合った若い世代のある方。お若いのに我々が聴いてきた音楽やミュージシャンの事にもやたらと詳しい。そして何より優しく接する気持ちを持っている方。人に対する気遣いの出来るお人柄の方。その方から元気づけられたり。励まされたりして精神面では安定しつつあります。今朝方早起きしてその方とお話できて今日から元気な自分が取り戻せると信じて生活します。離婚前から医者で処方されている精神安定剤を服用していますが、それも必要なくなると思いっています。

なので住まいも引越しをしましたが・・・引越しをしたブログは続けて行くのでご安心下さい。色々と心配して頂き本当に感謝しています。hanaはかみさんが引き取りました。

今回、皆さんにお詫びとお礼を兼ねてこの曲を聴いて頂きたいと思います。
歌詞の中の「冷蔵庫の中で凍りかけた愛を温めなおしたいのに」身勝手な話ですが離婚直前まで私が思っていた事そのままです。

  1. 2018/05/20(日) 08:25:31|
  2. 自分の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kamiyo.m

Author:kamiyo.m
千葉市在住のギター弾き

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ギター本体 (41)
アンプ・エフェクター (27)
ギター練習 (19)
セッティング関係 (9)
自分の話 (46)
音楽の話 (50)
ライブ動画 (15)
過去のライブ体験 (12)
音楽理論 (10)
好きなギタリスト (21)
好きなアルバム (10)
PC関連 (6)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR